Japan


東芝トップページ > 企業情報 > 会社概要 > 事業領域 > 電子デバイス事業領域

電子デバイス事業領域

最先端電子デバイスで夢を現実に

ビッグデータ時代を迎え、私たちのビジネスや生活に関わる情報量は飛躍的に増大しています。また、省エネ社会の進展や、自動車の電子化もその加速度をさらに増しています。東芝グループは、これらの要請に応えるべく、“革新的な市場”へ“先進的な製品”を“高度な製造技術”で提供し、情報化(ビッグデータ)社会と省エネ社会のインフラづくりに貢献していきます。

ディスクリート半導体分野では、機器の電力消費を制御するパワーデバイスなどに注力し、システムLSIの領域では、IoT、車載、通信、電源向けLSIなどを通じて、世界中の電子機器の進化を支えます。HDDについてもデータセンターなどエンタープライズ向け製品の開発に注力しています。

また、私たちは、スマートフォンやタブレットのみならずデータセンター、サーバーなどの情報通信社会を支える記憶素子であるNAND型フラッシュメモリを開発し、業界をリードしています。市場が拡大するSSDに注力するとともに、3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH™」の展開も進めています。

電子デバイス事業領域の写真

東芝デバイス&ストレージ株式会社
代表取締役社長
福地 浩志
(ふくち ひろし)
東芝メモリ株式会社
代表取締役社長
成毛 康雄
(なるけ やすお)

ニュース&トピックス

会社案内

会社案内
PDFダウンロード別ウィンドウで開きます

関連サイト