Japan


東芝トップページ > 企業情報 > 会社概要 > 社長メッセージ

社長メッセージ

「創造的成長」の実現をめざして 取締役 代表執行役社長 田中 久雄

現在、私たちを取り巻く環境は、目まぐるしく変化し続けています。こうした変化に対応するため、私は、経営のスピードを高めるとともに、東芝グループが持つ技術力、商品開発力、モノづくり力を最大限に引き出す攻めの経営を通じて、さらなる成長を実現し、一層の収益向上と財務体質の強化を図ります。

エネルギーの安定供給や資源確保、情報化社会の進展、人口増加など、グローバルに取り組むべき課題は多岐にわたり複雑化しています。当社は、人々の「安心・安全・快適な社会−Human Smart Community(ヒューマン・スマート・コミュニティ)」の実現をめざし、事業の柱となる「エネルギー」、「ストレージ」、「ヘルスケア」の各分野を通じて、これらの課題に向き合っていきます。
 世界的環境変化の潮流を正しく見極めることに加え、いわゆる「モノ」の提供にとどまらず、モノから実現される「こと」をお客様の真の価値ととらえ、時代に適合した新しい顧客価値を提供してまいります。これにより市場の伸長に過度に依存せず、東芝ならではの方法で、みずから成長の原動力を創り出していく「創造的成長」を実現していきます。
 成長をより確実なものとするには、財務体質の強化も重要だと考えています。「創造的成長」と財務体質強化の両立を図るべく、財務規律を重視した経営を行います。

「創造的成長」の原動力となるのは、多様な人財です。当社では、グローバル化などの進展に合わせて、多様な価値観を経営に反映させることに積極的に取り組んでいますが、私は、東芝グループの企業風土として、社員全員が性別や国籍などの違いを意識することなく、課題解決に至るまで自由な発想で議論を深め、闊達に行動することを根づかせたいと考えています。また、個々の社員が総合的な人間力を高め、これを発揮することによって今まで以上に豊かな価値を創造する、その積み重ねこそが、当社が真のグローバル企業グループとして成長するための基盤になると考えています。

もちろん、こうした事業活動の前提に、生命・安全・法令遵守を最優先に社会的責任を果たしていくことがあるのは言うまでもありません。CSR経営の推進を通じて企業価値の最大化に全力を挙げて取り組み、地球内企業として信頼される企業グループの構築を図ります。

私は全世界20万人の従業員の先頭に立って、その力を結集し、一人ひとりが輝き躍動し、「創造的成長」を着実に成し遂げる東芝グループを実現していきます。

取締役 代表執行役社長
田中 久雄

ニュース&トピックス

会社案内

PDFダウンロード別ウィンドウで開きます
2014 会社案内

東芝グループ紹介映像

東芝グループ紹介映像

関連サイト