Japan


東芝トップページ > 企業情報 > 会社概要 > 沿革 > 歴史

歴史

概要

東芝の初期の歴史には2つの流れがあります:
その一つである田中製造所は1875年に日本で最初の電信設備メーカーとして設立されました。
創立者である田中久重(1799 -1881)は、からくり人形や万年自鳴鐘などを発明し、若い頃からその名が広く知られていました。田中製造所は1893年に芝浦製作所と名を改め、1904年には株式会社芝浦製作所が創立。日本の重電メーカーの源流の一つとなりました。
もう一つはエレクトロニクスの流れです。1890年に白熱舎が最初の白熱灯製造会社として創設。後に、さまざまなエレクトロニクス製品を開発し、1899年に東京電気と改名されました。
1939年には、それぞれの分野でのリーダーであったこれらの2つの会社が東京芝浦電気株式会社として合併しました。

東芝の沿革年表の図

このページのトップへ

1875 –

1875年 (明治8年) 田中久重、東京・新橋に電信機工場を創設。
1890年 (明治23年) 藤岡市助、三吉正一が東京・京橋に白熱舎創設。
わが国初の炭素電球を製造。
1894年 (明治27年) わが国初の水車発電機(60kW)を製作。
わが国初の扇風機を完成。
1895年 (明治28年) わが国初の誘導電動機(モータ)を製作。

このページのトップへ

1900 –

1915年 (大正4年) わが国初のX線管の製造に成功。
1919年 (大正8年) わが国初のラジオ用送信管を完成。
1921年 (大正10年) 世界の電球6大発明の1つ「二重コイル電球」を発明。
1924年 (大正13年) ブラウン管の試作に成功。
わが国初のラジオ受信機を製造発売。

このページのトップへ

1925 –

1930年 (昭和5年) わが国初の電気洗濯機および電気冷蔵庫を完成、発表。
1931年 (昭和6年) わが国初の電気掃除機を発売。
1936年 (昭和11年) NHK向けとしてわが国初の150kW大電力放送機を完成。
1939年 (昭和14年) 東京電気と芝浦製作所が合併し、東京芝浦電気株式会社が発足。
1940年 (昭和15年) わが国初の蛍光ランプを製作。
1942年 (昭和17年) わが国初のレーダ完成。
1949年 (昭和24年) わが国初の1,500A―1,000kW単極水銀整流器を完成。

このページのトップへ

1950 –

1952年 (昭和27年) わが国初のテレビ放送機およびテレビ中継マイクロウェーブ装置を完成。
1953年 (昭和28年) わが国最大の72,500KVAかさ形水車発電機を製作。
1955年 (昭和30年) わが国初の自動式電気釜を発売。
1957年 (昭和32年) 南極観測用オーロラレーダおよび散乱現象観測用レーダを完成。
1959年 (昭和34年) わが国初のトランジスタ式テレビを完成。
わが国初の電子レンジを開発。
1963年 (昭和38年) わが国初の12,500kW原子力用タービン発電機、衛星通信用送信装置を完成。
1964年 (昭和39年) 世界的規模を誇る東海道新幹線用変電所集中遠方監視制御装置を完成。
1967年 (昭和42年) 世界初の郵便物自動処理装置を完成。
1968年 (昭和43年) わが国最大の100,000ガウス超電導磁石を完成。
1970年 (昭和45年) 世界初のカラーテレビ電話を開発。
1971年 (昭和46年) 世界初の大幅IC化カラーテレビを発売。
1972年 (昭和47年) わが国最大の70万kWタービン発電機完成。
世界初のブラックストライプ方式ブラウン管採用のカラーテレビを発売。

このページのトップへ

1975 –

1975年 (昭和50年) 創業100周年を迎える。
わが国最大の100万kWタービン発電機完成。
1978年 (昭和53年) 実験用中形放送衛星「ゆり」打ち上げに成功。
わが国初の日本語ワードプロセッサ製品化。
1979年 (昭和54年) 世界で初めて光ディスク方式の画像情報ファイル装置完成。
1982年 (昭和57年) わが国初のMRI(磁気共鳴イメージング)装置を開発。
1984年 (昭和59年) 新本社「東芝ビルディング」完成。
株式会社東芝に社名を変更。
わが国最大規模の50kW燃料電池発電実験プラントの運転に成功。
1985年 (昭和60年) わが国初の高品位TVシステム用の送・受信主要機器を開発。
1メガビットCMOSダイナミックRAMを開発。
超電導MRI装置を開発。
ラップトップ形パソコンを開発・商品化。
1986年 (昭和61年) 4メガビットダイナミックRAMを開発。
1988年 (昭和63年) 16メガビットダイナミックRAMを開発。
1989年 (平成元年) ブック形パソコン「DynaBook」を開発・商品化。
1991年 (平成3年) 世界初の4メガビットNAND型EEPROMを開発。
1992年 (平成4年) 世界初の16メガビットNAND型EEPROMを開発。
塩素系を含むプラスチックの油化技術を開発。
1993年 (平成5年) ゲート長が0.04ミクロンの世界最小MOSトランジスタを試作。
1995年 (平成7年) 世界初の3原色カラーフィルターを採用したブラウン管「マイクロフィルター管」を開発・商品化。
高密度光ディスク「DVD」を開発。
1996年 (平成8年) ミニノートパソコン「Libretto」を開発・商品化。
DVD-ビデオプレーヤー、DVD-ROMドライブを開発・商品化。
1997年 (平成9年) PHSを内蔵した携帯情報端末「GENIO」を開発・商品化。
1998年 (平成10年) 平面テレビ「FACE」を商品化。
世界初の「MPEG4」画像圧縮伸長LSIを開発。
1999年 (平成11年) 社内カンパニー制を採用。
検査音が世界一静かなMRI装置を開発・商品化。

このページのトップへ

2000 –

2000年 (平成12年) 創業125周年を迎える。
BSデジタルハイビジョンテレビを商品化。
2001年 (平成13年) 世界初のHDD&DVDビデオレコーダーを商品化。
2002年 (平成14年) 世界初のワイヤレスコントロールを実現したネットワーク家電を発売。
世界初の65ナノメートル世代DRAM混載システムLSI技術を開発。
2003年 (平成15年) 大容量2ギガビットNAND型フラッシュメモリを商品化。
地上デジタルハイビジョンテレビを商品化。
委員会等設置会社に移行。
2004年 (平成16年) 世界最小の0.85形磁気ディスク装置を開発。
2005年 (平成17年) 1分間で80%まで充電できる新型急速充電池を開発。
IBM、ソニーグループと共同で高性能プロセッサ「Cell」を開発。
2006年 (平成18年) 世界初のHD DVDプレーヤー・HD DVD搭載ハード ディスクレコーダーを商品化。
世界初のHD DVD-ROMドライブ搭載パソコンを商品化。
2007年 (平成19年) 21型有機ELディスプレイを開発。
(低温ポリシリコンを用いた高分子タイプで世界最大)
2008年 (平成20年) 心臓、脳を1回転で撮影可能なエリアディテクターCT
「Aquilion ONE™」を商品化。
2009年 (平成21年) 世界初「Cell Broadband Engine™」搭載高画質液晶テレビ「CELLレグザ」を商品化。
2010年 (平成22年) 世界初、専用メガネなしで3D映像を視聴できる液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ」を商品化。
2011年 (平成23年) 仏ルーヴル美術館へLED照明器具を設置。
2013年 (平成25年) 世界初の医療用裸眼3Dディスプレイを商品化。

ニュース&トピックス

会社案内

会社案内
PDFダウンロード別ウィンドウで開きます

関連サイト