Japan


東芝トップページ > 企業情報 > 投資家情報 > IRニュース >

IRニュース

証券コード:6502



2008年4月25日

投資単位の引下げに関する考え方及び方針等について

株式の投資単位については、当社株式の流動性、株主構成等を踏まえ、慎重に検討すべき問題であると考えています。当社株式については毎日の証券取引所出来高に鑑みると流動性は十分に確保されていると思われ、個人株主の比率も議決権ベースで25%を超えています。

以上のような状況を考慮すると、現時点において投資単位の引下げを行う必要はないものと考えていますが、2007年11月27日に全国の各証券取引所から公表された「売買単位の集約に向けた行動計画」等をも踏まえ、引き続きその要否について検討していきます。



以上

本ホームページには、業績見通し及び事業計画等も記載しております。それらにつきましては、各資料の作成時点においての経済環境や事業方針などの一定の前提に基づいて作成しております。従って、実際の業績は、様々な要素により、これらの業績見通しとは異なる結果となりうることをご承知おきください。