Japan


東芝トップページ > 企業情報 > 投資家情報 > IRイベント > 決算説明会 > 2008年度 >

決算説明会

証券コード:6502

2008年度

2008年度 第2四半期決算(6か月累計)説明会

第170期 (2009年3月期)

注意事項:本ページの各説明会資料、説明会のポイント、QA、説明会音声データなどには、2015年9月に公表した過年度決算修正の内容が反映されておりません。その結果、投資判断に利用するには不適当な情報が含まれていますので、それに依拠して投資判断を下すことはお控えください。当社は、本情報を使用されたことにより生じるいかなる事項についても、理由の如何を問わず一切責任を負うものではないことをあらかじめご了承ください。

QA

プレゼンテーションの要旨

(1) 2008年度 第2四半期(6か月累計)の連結業績

売上高 3兆4,958億円 (△1,941億円)
営業損益 △235億円 (△1,060億円)
税引前損益 △635億円 (△1,403億円)
当期純損益 △385億円 (△842億円)
  • ( )内 前年同期比較
  • 予想を上回る急激な半導体価格の下落及び景気減速に伴う市場全体の収縮の影響を受け、売上高は前年同期比1,941億円減少し3兆4,958億円になりました。
  • 損益面ではデジタルプロダクツ部門が大幅な増益になり、社会インフラ部門が好調で増益になったものの、半導体事業を中心に電子デバイス部門が大幅に悪化した結果、営業損益は前年同期比1,060億円悪化し△235億円になりました。
  • 税引前損益は前年同期比1,403億円悪化し△635億円になり、当期純損益も前年同期比842億円悪化し△385億円になりました。

(2) 資産、負債、資本及びキャッシュフローの状況

  • 総資産は、2008年3月末に比べ1,092億円増加し、6兆448億円になりました。
  • 資本の部の合計は、2008年3月末に比べ682億円減少し、9,541億円になりました。
  • 借入金・社債残高は、2008年3月末に比べ3,324億円増加し、1兆5,934億円になりました。この結果、D/Eレシオ(有利子負債/自己資本比率)は、2008年3月末に比べると44ポイント悪化し、167%になりました。
  • 第2四半期(6か月累計)のフリー・キャッシュ・フローは2,518億円のマイナスとなり、前年同期と比べると1,610億円悪化しました。これは当期純損益の悪化等により営業キャッシュ・フローが悪化し、投資キャッシュ・フローも前年同期に比べ悪化したためです。

(3) 連結業績予想に関する定性的情報

  • 当事業年度の業績見通しについては、前回予想公表時(2008年9月19日)から経済環境が大きく変動していますが、今後の動向を見極める必要があるため、現時点では変更していません。

QA

Q1. 通期見通しは変更しないのか?
08年度見通しについては、前回業績予想修正時(08年9月19日)から経済環境が大きく変動しており、今後の動向を見極める必要があるため、現時点では変更していません。
Q2. 今年度の業績に対する景気後退による影響を教えてください。
世界規模での景気後退に伴う市場環境は厳しいものがあります。今後の動向を見極め、事業運営を行っていきます。実体経済、米国での個人消費の低迷、それに伴う部品調達の悪影響を懸念しています。デジタルプロダクツ部門について、米国ではパソコン、TV市場が減速してきました。パソコンは欧州でも減速しています。携帯電話は全世界で落ち込んできています。また、新興国自体の市場への輸出も落ちてくる可能性があります。
社会インフラ部門は当期の業績については影響は少ないと考えています。
Q3. 運転資金の負担増、棚卸しが増えている理由は何でしょうか?また、下期のフリーキャッシュフローがどの様に改善していくのでしょうか?
棚卸し資産が増えているのは下期販売対応の在庫です。下期は増収を見込んでおりそのために棚卸し資産が増加しています。また、下期は東芝不動産株式の売却代金受取りも予定しており、年間で+500億円のフリーキャッシュフローを見込んでいます。キャッシュコンバージョンサイクル(CCC)プロジェクトの効果も下期にでてくると見込んでいます。
Q4. パソコン以外のデジタルプロダクツの各事業の上期実績の状況を教えてください。
TV、HDDとも黒字です。携帯電話は昨年度黒字でしたが、今年度は赤字になりました。
Q5. サンディスクから半導体の生産能力を購入して生産能力を拡張して、市場の需要はあるのでしょうか?
サンディスクから生産能力を購入しても両社合わせた生産能力が増える訳ではないので、市況への影響はないと考えています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。

Get Adobe Reader

本ホームページには、業績見通し及び事業計画等も記載しております。それらにつきましては、各資料の作成時点においての経済環境や事業方針などの一定の前提に基づいて作成しております。従って、実際の業績は、様々な要素により、これらの業績見通しとは異なる結果となりうることをご承知おきください。

最新IR関連資料

関連情報

お問い合わせ