Japan


東芝トップページ > 企業情報 > 投資家情報 > 個人投資家の皆様へ >

個人投資家の皆様へ

東芝のあゆみは?

  • 最初へ
  • 前へ
  • 次へ

沿革

主な出来事 コーポレートガバナンス体制

1875
  • [主な出来事]創業 <後の(株)芝浦製作所>
1890
  • [主な出来事]白熱舎創業 <後の東京電気(株)>
1939
  • [主な出来事](株)芝浦製作所と東京電気(株)が合併して、東京芝浦電気(株)となる
1961
  • [主な出来事]石川島芝浦タービン(株)を合併して、タービン工場を拡充
1984
  • [主な出来事](株)東芝に商号変更
1985
  • [主な出来事]ラップトップパソコン商品化
1991
  • [主な出来事]4メガビットNAND形フラッシュEEPROM開発
1998
  • [コーポレートガバナンス体制]執行役員制度導入
1999
  • [コーポレートガバナンス体制]社内カンパニー制に移行
2001
  • [主な出来事]「01アクションプラン」を発表
2002
  • [主な出来事]汎用DRAM事業から撤退
2003
  • [主な出来事]家電機器、ソリューション、医用システムなどの事業を分社化
  • [コーポレートガバナンス体制]「委員会設置会社」に移行、CSR本部設置
2004
  • [主な出来事]国連「グローバルコンパクト」に参加
2006
  • [主な出来事]ウェスチングハウス社が東芝グループ入り
  • [コーポレートガバナンス体制]「買収防衛策」の導入
2007
  • [主な出来事]発電用蒸気タービンの累計出荷容量1億5,000万キロワットを達成
  • [主な出来事]1回転で心臓や脳などの全体を撮影できる320列エリア・ディテクターCTを開発
  • [主な出来事]HDDの累計生産台数2億台を達成
2009
  • [主な出来事]「収益改善に向けた体質改革プログラム」を発表
  • [主な出来事]28年ぶりに公募増資による資金調達を実施
  • [主な出来事]ハードディスク装置事業を富士通(株)から譲受
2010
  • [主な出来事]一般白熱電球を製造中止
  • [主な出来事]ノートパソコンの累計出荷台数1億台を超過
  • [主な出来事]四日市フラッシュメモリ工場第5棟着工
  • [主な出来事]携帯電話事業を富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(株)に譲渡
2011
  • [主な出来事]ランディス・ギア社を買収
2012
  • [主な出来事](株)ジャパンディスプレイに東芝モバイルディスプレイ(株)の全株式を譲渡
  • [主な出来事]東芝テック(株)がリテール・ストア・ソリューション事業を米国IBM社から譲受
2013
  • [主な出来事]「スマートコミュニティセンター」開所
2015
  • [コーポレートガバナンス体制]取締役の過半数および指名委員会、監査委員会、報酬委員会の各委員全員を原則社外取締役で構成
  • [主な出来事]「新生東芝アクションプラン」を発表
2016
  • [主な出来事]東芝メディカルシステムズ(株)の全株式を譲渡
  • [主な出来事]東芝ライフスタイル(株)の株式の80.1%を譲渡
  • [コーポレートガバナンス体制]相談役制度を廃止

目次

本ホームページには、業績見通し及び事業計画等も記載しております。それらにつきましては、各資料の作成時点においての経済環境や事業方針などの一定の前提に基づいて作成しております。従って、実際の業績は、様々な要素により、これらの業績見通しとは異なる結果となりうることをご承知おきください。

社長メッセージ

社長メッセージ 取締役 代表執行役社長 田中 久雄

ニュース&トピックス

最新IR関連資料

お問い合わせ