Japan


東芝トップページ > 企業情報 > 投資家情報 > 個人投資家の皆様へ >

個人投資家の皆様へ

これからの東芝は?

  • 最初へ
  • 前へ
  • 次へ

ESGの強化方針

ESGの強化方針

持続可能な社会の実現のため、また東芝グループが企業として持続的に発展していくため、倫理的で透明性のある経営基盤の構築に向けてE(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)の強化とサステナビリティ経営に努め、お客さま・取引先さま・従業員・地域社会、そして株主・投資家など、様々なステークホルダーの皆さまと連携しながら、豊かな価値を創造し、提供します。東芝グループは、「人と、地球の、明日のために。」を経営理念の主文に掲げ、事業を通じて社会の発展に貢献していくという変わらぬ信念を示しています。この理念のもと、エネルギー不足や資源の枯渇、気候変動などの様々な課題を抱える社会の一員として、短期的な利益のみを追求するのではなく、企業活動によって社会に与えるインパクトを長期的に考え、社会課題の解決をめざします。

事業としては、再生可能エネルギーへのシフト、省力化、省エネのサポートに加えて、未来に向けた基礎研究の継続を行ないます。また企業運営の面では、環境経営の推進、サステナビリティの推進およびコンプライアンスの強化に取り組んでいきます。不正会計以降は取締役体制の強化、コンプライアンス強化、内部統制の強化を重点的に実施してきました。グループ会社内における内部統制強化についてはコンプライアンス有識者会議の設置や3ライン・ディフェンスを導入し、今後もリスク管理を徹底させていきます。

サステナビリティ経営へのアプローチのイメージ

拡大表示

東芝グループのサステナビリティに関する取り組みについて、サステナビリティレポート、サステナビリティウェブサイトや環境活動ウェブサイトでも最新の情報を公開しています。

目次

本ホームページには、業績見通し及び事業計画等も記載しております。それらにつきましては、各資料の作成時点においての経済環境や事業方針などの一定の前提に基づいて作成しております。従って、実際の業績は、様々な要素により、これらの業績見通しとは異なる結果となりうることをご承知おきください。

トップメッセージ

トップメッセージ

ニュース&トピックス

最新IR関連資料