Japan

ニュース&トピックス

このサイトには(株)東芝、及び一部の東芝グループ会社が発信するニュースリリースやトピックスへのリンクを掲載しています。対象となる東芝グループ会社は「会社別で見る」のページでご確認ください。(グループ会社のニュースリリースやトピックスのタイトルをクリックすると、各社ウェブサイトに掲載されている情報が表示されます。)

掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

新着情報

RSSicon
2018年09月12日
    [STORY] デジタルトランスフォーメーション デジタルと人のパラドックス
    今、日本の製造業に迫られている「デジタルトランスフォーメーション(DX)」。「DXとは?」、「なぜ日本ではDXが進まないのか」、「第三次産業革命と第四次産業革命は何が違うのか」。DXなんて聞いたことはあっても、体がついていかない――そんなビジネスパーソン必読の記事です。
    2018年09月05日
      [STORY] 消せる印刷機と消せるペン モノづくり企業の魂の共鳴
      「文字が消せる複合機」Loops。文字を消してコピー用紙を再利用し、環境への配慮と経費削減を実現するペーパーリユースシステムです。実はこの複合機、「文字が消せるボールペン」フリクションボール(株式会社パイロットコーポレーション)の仕組みを応用したもの。その開発ドラマに迫ります。
      2018年08月31日
      インドネシア共和国における自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」の普及に向けた協業に関する覚書を締結 (東芝エネルギーシステムズ株式会社)
      東芝エネルギーシステムズは、インドネシア共和国技術評価応用庁と自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」の同国内への普及に向けた協業に合意し、このたび覚書を締結しました。本覚書に基づき、同国内への「H2One™」の普及にむけた技術・制度を検討し、2022年までに導入を目指します。
      2018年08月30日
      リチウムイオン電池として世界初の鉄道車両向け欧州安全性規格の取得について -「SCiB™」を使用した蓄電池システム- (東芝インフラシステムズ株式会社)
      東芝インフラシステムズ株式会社が開発したリチウムイオン電池「SCiB™」を使用した蓄電池システムが、鉄道車両に要求される欧州規格EN50126(RAMS)およびRAMSの安全性(Safety)に関するEN50129の認証をSIL 4(最高水準)として取得しました。リチウムイオン電池を使ったシステムが鉄道車両向け欧州規格の認証を取得するのは世界で初めての事例となります
      2018年08月30日
      産業機械・設備の見える化・遠隔監視サービス「IoTスタンダードパック」機能・サービス拡張版の提供を開始 (東芝デジタルソリューションズ株式会社)
      東芝デジタルソリューションズ株式会社は、産業機械・設備の見える化・遠隔監視サービス「IoTスタンダードパック」に日本マイクロソフト株式会社のクラウドプラットフォームMicrosoft Azureを適用するとともに、お客様の要望に応じて選択可能なメニュー構成にした、機能・サービス拡張版の提供を本日より開始します。
      2018年08月30日
      東芝デジタルソリューションズグループと日本マイクロソフトがデジタルトランスフォーメーション推進において協業 (東芝デジタルソリューションズ株式会社)
      東芝デジタルソリューションズ株式会社、東芝デジタル&コンサルティング株式会社と、日本マイクロソフト株式会社は、製造業や社会インフラなど、さまざまなお客様のデジタルトランスフォーメーションの推進において協業し、クラウドプラットフォーム Microsoft Azureを活用したソリューションの共同開発・販売、デジタルビジネス戦略に関するコンサルティングを実施していきます。

      もっと見る

      RSS一覧

      IRニュース

      RSS一覧

      お知らせ

      お知らせをご確認ください。

      不正会計問題を含む適時開示情報
      TOSHIBA CLIP
      Toshiba News and Highlights(facebook)