Japan

ニュース&トピックス

このサイトには(株)東芝、及び一部の東芝グループ会社が発信するプレスリリースやトピックスへのリンクを掲載しています。対象となる東芝グループ会社は「会社別で見る」のページでご確認ください。(グループ会社のプレスリリースやトピックスのタイトルをクリックすると、各社ウェブサイトに掲載されている情報が表示されます。)

掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

新着情報

RSSicon
2016年12月07日
クラウドAIサービス「RECAIUS」の音声合成サービスをFM NACK5が小林克也さんの 似声として活用
当社のクラウドAIサービス「RECAIUS」の音声合成サービスが、12月9日の株式会社エフエムナックファイブの番組「FUNKY FRIDAY」で活用されます。RECAIUS音声合成サービスを用いて生成した小林克也さんの似声・英語の語り口で話す「コバカツ君」が登場し、小林克也さんとの会話やリスナーからの投稿の読み上げで番組を盛り上げます。
2016年12月06日
ウェスチングハウス社とSCE&Gとのマイルストーン・ペイメント・スケジュールに関する論争解決委員会の裁定について
ウェスチングハウス社と米国スキャナ電力の子会社であるサウスカロライナ・エレクトリック&ガス・カンパニー(SCE&G)は、米国V・C・サマー原子力発電所2基の建設プロジェクトの対価支払いスケジュール見直しに関し、両社合意のもと設置した論争解決委員会にその裁定を委ねていましたが、今般同委員会の最終裁定を受領しました。
2016年12月05日
不揮発性磁気メモリのための新たな電圧駆動書き込み方式を開発
内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)[プログラム・マネージャー:佐橋政司]の一環として、株式会社東芝 研究開発センターの藤田 忍 研究主幹、国立研究開発法人 産業技術総合研究所スピントロニクス研究センターの野崎 隆行 研究チーム長らの研究開発チームは、電圧駆動型の不揮発性磁気メモリ「電圧トルクMRAM」の書き込みエラー率を低減する新しい書き込み方式を開発しました。
2016年12月05日
電圧制御磁化反転を使った不揮発性磁気メモリに新たな書込み方式を提案
内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の佐橋政司プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、株式会社東芝 研究開発センターの與田博明技監らの研究開発チームは、電圧書込み方式の不揮発性磁気メモリの新たなアーキテクチャ技術を開発しました。
2016年12月01日
東芝アメリカ情報システム社の土地・建物の売却について
当社グループの東芝アメリカ情報システム社は、米国カリフォルニア州にあるアーバイン事務所の土地および建物を米国不動産投資会社であるLBA Realty LLCに11月30日(米国時間)に譲渡しました。
2016年12月01日
米国ジョージア電力 ボーグル原子力発電所にて主要マイルストン達成
ウェスチングハウス社は、AP1000™を建設中の米国ジョージア電力ボーグル原子力発電所において、主要マイルストンとなる原子炉容器を3号機に、原子炉容器や蒸気発生器などの主要機器を支える大型機械・建築構造モジュールCA01を4号機に据付し、それぞれ完了しました。
2016年12月01日
東芝グループ 社会貢献一斉アクション 2016の実施について
当社グループでは、国連の定める国際ボランティアデー(12月5日)に向け、世界中の従業員が参加する「東芝グループ 社会貢献一斉アクション 2016」を実施します。
2016年12月01日
12.5型液晶搭載2in1コンバーチブルPC「dynabook V」シリーズの発売について (東芝クライアントソリューション株式会社)
東芝クライアントソリューション株式会社は、店頭向け2016年冬モデルの新商品として、ディスプレイ部が360度回転し、1台でタブレット、モバイルノートPC、メインノートPCとして、さまざまなシチュエーションで、パワフルに使用できる12.5型液晶搭載2in1コンバーチブルPC「dynabook V」シリーズ4機種4モデルを12月9日から順次発売します。

もっと見る

RSS一覧

IRニュース

RSS一覧

お知らせ

お知らせをご確認ください。

不適切会計問題への対応について
TOSHIBA CLIP
Toshiba News and Highlights(facebook)