東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
超小形CMOS標準ロジックICの発売について

1995年3月14日

 当社は、ANDやORなどの基本的な論理回路(ゲート)1回路だけで構成し たCMOS標準ロジックICとして、5V系の入力信号だけでなく、3V系の入 力信号にも対応できる「TC7STシリーズ」5品種を商品化し、本日からサン プル出荷を開始します。           

 新製品は、製造プロセスの改良により入力しきい値電圧をTTL(バイポーラ ロジックIC)と同レベルに設定しており、5V動作ながら電圧変換回路を使う ことなく、5V系と3V系の入力信号を処理でき、5V系信号として出力します。 このため、3V系システムを5V系システムへつなぐインタフェース回路として 使用できます。                 

 また、基本ゲート1回路のみが超小形の外囲器に実装されているため、ブック 形パソコンや電子手帳などの小形、携帯機器の基板スペースを有効活用し回路を 構築できるとともに、回路設計の変更などがあった場合にも容易に対応できます。

 サンプル価格は30円で、本年5月から月産10万個規模で量産を開始する計 画です。                          


商品化の背景と狙い

 CMOS標準ロジックICは、通常、1チップ上に4個〜6個の複数の基本ゲ ートを持ち、デジタル信号処理を行うICとして、OA機器や家電製品などに幅 広く使われています。                  

 近年、ブック形パソコンや電子手帳などの携帯機器では、高性能化、低消費電 力化、小形・軽量化がますます求められています。   

 このため、マイクロプロセッサ、ASIC、DRAMなどを中心に最先端の微 細加工技術を使った3V動作の高性能LSIが商品化される一方で、依然として 5V動作のLSIも幅広く使われており、3V動作と5V動作のLSIが混在し たシステムの構築が不可避となっています。

 また、マイクロプロセッサなどの周辺回路に使用されるCMOS標準ロジック ICは複数の基本ゲートを持つため、使用しない無駄なゲートが生じたり、必要 以上に大きな外囲器のICを使わねばならず基板スペースを有効活用できないな どの問題がありました。                 

 本製品は、このようなニーズに対応して商品化したもので、5V動作LSIと 3V動作LSIが混在したシステムを効率良く構築でき、3V系システムを5V 系システムへつなぐインタフェース回路としても使用できます。


新製品の主な特長

  1. 製造プロセスの改良により入力しきい値電圧をTTL(バイポーラロジック IC)と同レベルに設定しており、5V動作ながら電圧変換回路を使うこと なく、5V系と3V系の入力信号を処理でき、5V系信号で出力します。
    このため、3V系システムを5V系システムへつなぐインターフェイス回路 として使用できます。
  2. 伝搬遅延時間は10ナノ秒(5V動作時)です。
  3. 個別半導体の製造で培った精密組立て技術を用いて超小形の外囲器に実装し ているため、基板スペースを有効活用して回路を構築でき、高密度実装が求 められるブック形パソコンや電子手帳などの携帯機器の小形化に適していま す。                 
    また、本製品を使用することにより、回路設計の変更にも容易に対応するこ とができます。
  4. EIAJ規格に準拠したエンボーステープにテーピングした状態(3,000 個 単位)の包装仕様で供給できるため、現行の高速チップ部品装着装置でその まま使用できます。
  5. パッケージはチップ部品2125タイプ相当(モールドサイズ2.0mm×1.25 mm、厚さ0.9mm) とチップ部品3216タイプ相当(モールドサイズ2.9mm× 1.6mm、厚さ1.1mm)の2種類を用意しています。


新製品の主な仕様


 形    名 TC7STシリーズ

 伝搬遅延時間 10ナノ秒(5V動作時)

 動作電圧範囲 4.5V〜5.5V

 動作温度範囲 −40℃〜85℃

 外囲器    モールドサイズ 2.0mm×1.25mm、厚さ0.9mm

                 (チップ部品2125タイプ相当)

                2.9mm×1.6mm、厚さ1.1mm

                 (チップ部品3216タイプ相当)

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright