東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界初の1チップ化を実現した第2世代EDTV識別信号検出ICの発売について

1995年3月24日

 当社は、第2世代EDTV放送(EDTV2)の識別信号を検出するICとし て、業界で初めて1チップ化を実現した「TA1227P」を開発し、本日から サンプル出荷を開始します。

 新製品は、EDTV2の送信信号に含まれるEDTV2の識別信号を検出でき るため、マイコンと組み合わせて自動的にワイド画面に切り替えるEDTV2の 自動判別回路を簡単に構築できます。

 新製品のサンプル価格は1,000円で、本年4月から月産10万個規模で量 産を開始する計画です。              


商品化の背景と狙い

 近年、ワイドテレビの需要は急速に伸長しており、平成6年度の国内市場は1 80万台を越えると見込まれています。さらに、平成7年度は、ワイドテレビの 低価格化とともに、今年の夏から予定されているEDTV2の放送開始によりワ イド化がますます進むと期待されており、約400万台に拡大すると予測されて います。                   

 ワイドテレビでは、迫力あるワイド画面を手軽に楽しみたいというニーズに対 応するため、4:3の現行のテレビ放送やビスタ、シネスコサイズの映画など、 さまざまな映像ソフトを自動的に16:9の画面一杯に拡大して映し出す機能が 標準装備されるようになってきています。
 さらに、EDTV2対応テレビも商品化が進められており、EDTV2放送を 受信すると自動的に16:9の画面一杯に映像を映し出すワイドテレビの発売も 始まっています。                   

 新製品は、このようなニーズに対応するため開発したもので、EDTV2の識 別信号を検出する回路を1チップ化しているため、マイコンなどと組合わせてE DTV2の自動判別回路を容易につくることができ、4:3など様々な映像を変 換し、ワイド画面を手軽に楽しめるワイドテレビを実現できます。


新製品の主な特長

  1. 本製品は、EDTV2の送信信号に含まれるEDTV2の識別信号を検出す るICとして、業界で初めて1チップ化を実現しています。
    このため、EDTV2の判別回路をディスクリートなどで構成するより簡単 に構築でき、部品点数の削減、組立てコストの低減なども可能になります。

  2. 本製品の制御には、I2 Cバス(Inter IC BUS)を採用しており、マイコンと 組合せたさまざまなコントロールを容易に行えます。このバスを通じてテレ ビの製造メーカーが信号の検出タイミングや検出レベルを最適なレベルで設 定することができます。                   

  3. パッケージは、DIP16ピンを採用しています。


新製品の主な仕様


 形  名   TA1227P

 動作電圧   9V

 消費電力   360mW

 チップサイズ 4.7mm×3.1mm

 パッケージ  DIP16ピン

 当社は、第2世代EDTV放送(EDTV2)の識別信号を検出するICとし て、業界で初めて1チップ化を実現した「TA1227P」を開発し、本日から サンプル出荷を開始します。

 新製品は、EDTV2の送信信号に含まれるEDTV2の識別信号を検出でき るため、マイコンと組み合わせて自動的にワイド画面に切り替えるEDTV2の 自動判別回路を簡単に構築できます。

 新製品のサンプル価格は1,000円で、本年4月から月産10万個規模で量 産を開始する計画です。              


商品化の背景と狙い

 近年、ワイドテレビの需要は急速に伸長しており、平成6年度の国内市場は1 80万台を越えると見込まれています。さらに、平成7年度は、ワイドテレビの 低価格化とともに、今年の夏から予定されているEDTV2の放送開始によりワ イド化がますます進むと期待されており、約400万台に拡大すると予測されて います。                   

 ワイドテレビでは、迫力あるワイド画面を手軽に楽しみたいというニーズに対 応するため、4:3の現行のテレビ放送やビスタ、シネスコサイズの映画など、 さまざまな映像ソフトを自動的に16:9の画面一杯に拡大して映し出す機能が 標準装備されるようになってきています。
 さらに、EDTV2対応テレビも商品化が進められており、EDTV2放送を 受信すると自動的に16:9の画面一杯に映像を映し出すワイドテレビの発売も 始まっています。                   

 新製品は、このようなニーズに対応するため開発したもので、EDTV2の識 別信号を検出する回路を1チップ化しているため、マイコンなどと組合わせてE DTV2の自動判別回路を容易につくることができ、4:3など様々な映像を変 換し、ワイド画面を手軽に楽しめるワイドテレビを実現できます。


新製品の主な特長

  1. 本製品は、EDTV2の送信信号に含まれるEDTV2の識別信号を検出す るICとして、業界で初めて1チップ化を実現しています。
    このため、EDTV2の判別回路をディスクリートなどで構成するより簡単 に構築でき、部品点数の削減、組立てコストの低減なども可能になります。

  2. 本製品の制御には、I2 Cバス(Inter IC BUS)を採用しており、マイコンと 組合せたさまざまなコントロールを容易に行えます。このバスを通じてテレ ビの製造メーカーが信号の検出タイミングや検出レベルを最適なレベルで設 定することができます。                   

  3. パッケージは、DIP16ピンを採用しています。


新製品の主な仕様


 形  名   TA1227P

 動作電圧   9V

 消費電力   360mW

 チップサイズ 4.7mm×3.1mm

 パッケージ  DIP16ピン

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright