東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界初の512キロワード×32ビット構成の16メガビット DRAMの発売について

1995年5月19日

 当社は、マルチメディア化の進展に対応し、パソコンのグラフィックスや携帯端末、 セットトップボックスなどの情報通信機器において、効率的なメモリ構成が可能な 512キロワード×32ビット構成の16メガビットDRAMを世界で初めて開発し、 本日から営業活動を開始します。

 新製品は、(1) ボンディングパッドを回路中央に集中して配置することで配線短縮化 を図るとともに、(2) 出力回路と周辺回路の電源経路を分離することによって、 出力回路からのノイズの影響を低減し、32ビット構成を実現しています。

 サンプル価格は、SOJパッケージの高速ページモード・5V電源・アクセス タイム60ナノ秒タイプで11,500円、また、SOJパッケージのハイパー ページモード(EDO)・3.3V電源・アクセスタイム70ナノ秒・セルフリ フレッシュタイプで15,000円です。


新製品の概要

 
     形   名 
4Kリフレッシュ品         1Kリフレッシュ品      電源・電圧      モード 

 TC5116320BJ/BFT-60/-70   TC5118320BJ/BFT-60/-70      5V       高速ページ  
 TC5116320BJS/BFTS-60/-70 TC5118320BJS/BFTS-60/-70    5V       高速ページ
                                                               /セルフリフレッシュ  
 TC5116325BJ/BFT-60/-70   TC5118325BJ/BFT-60/-70      5V       ハイパーページ  
 TC5116325BJS/BFTS-60/-70 TC5118325BJS/BFTS-60/-70    5V       ハイパーページ
                                                               /セルフリフレッシュ  
 TC51V16320BJ/BFT-70      TC51V18320BJ/BFT-70         3.3V     高速ページ  
 TC51V16320BJS/BFTS-70    TC51V18320BJS/BFTS-70       3.3V     高速ページ
                                                               /セルフリフレッシュ   
 TC51V16325BJ/BFT-70      TC51V18325BJ/BFT-70         3.3V     ハイパーページ  
 TC51V16325BJS/BFTS-70    TC51V18325BJS/BFTS-70       3.3V     ハイパーページ
                                                               /セルフリフレッシュ  

新製品の開発背景

  情報・通信・映像が融合したマルチメディアの進展にともない、DRAMの 需要が拡大しています。一方、パソコンやアミューズメント機、セットトップボ ックスなどのように、比較的小容量のメモリしか必要のない情報通信機器では、 メモリを効率的に配置できるような多ビット構成のDRAMが求められています 。 これらの機器は32ビットマイコンが搭載され、記憶容量は2メガバイト(16 メガビット)が主流になるとみられており、512キロワード×32ビット構成 の16メガビットDRAM1個で対応することが可能になります。
 新製品は、このようなニーズに対応し開発したもので、多ビット化に伴うノイ ズの影響を低減することによって、世界で初めて32ビット構成の16メガビッ トDRAMを実現しました。


新製品の主な特長

  1. 多ビット構成メモリの場合に問題となる、出力回路からのノイズの影響を 低減するために、(1)ボンディングパッドを回路中央に集中して配置することにより 配線短縮化を図るとともに、(2)出力回路と周辺回路の電源経路を分離することに よって、世界で初めて32ビット構成を実現しています。

  2. 0.5ミクロンの微細加工技術やトレンチ技術を採用することによって、 5Vタイプで60ナノ秒、3.3Vタイプで70ナノ秒の高速読み出しを可能 にしています。

  3. 512キロワード×8ビット構成の4メガビットDRAMとの置き換えが容易な 1Kリフレッシュタイプと、携帯情報機器に適した低消費電力の4Kリフレッシュ タイプの2タイプを揃えています。

  4. セルフリフレッシュ機能を内蔵しているため、データ保持のためのリフレッシュ 動作を簡略化させることが可能です。

  5. パッケージは400ミル幅70ピンSOJ(0.8mmリードピッチ)と400ミル 幅70ピンTSOP(0.65mmリードピッチ)の2種類を用意しています。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright