東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
長時間通話が可能なPHS電話機の発売について

1995年6月2日

当社は、低電圧駆動LSIの採用や大容量ニッケル水素電池の搭載などにより、 連続通話5時間、待受け130時間と長時間通話を可能にしたPHS電話機 「Carrots(キャロッツ)DL−S20P」を商品化し、 本日から営業活動を開始します。

 PHS電話機は、誰でも気軽るに移動した先で通話できる新しい通信システム です。音声をデジタルデータで伝送するため、アナログコードレス電話の場合よ り音質に優れ、また、高度な暗号方式により伝送しているため盗聴される心配が 少なく、安全性に優れています。

 新製品は、「α−PHS」(注)規格に準拠しており、異なるメーカーの端末 どうしでもトランシーバー機能が使えるなど互換性を実現するとともに、電話料 金の請求が公私に区別できる「分計サービス」などDDIポケット電話グループ 独自の付加サービスに対応しています。
 また、バックライト付きの明るく見やすい液晶画面に@相手先電話番号、A通 話時間、B電池残量などの情報を表示します。また、発信時にはダイヤルボタン がグリーンに光るため、暗いところでも操作が容易です。
(注)「α−PHS」は通信事業者であるDDIポケット電話グループとメーカ ー各社が共同開発した高性能PHSの規格です。


新製品の概要


 形 名     本体標準価格(税別) 出荷時期  本体色  販売目標

 Carrots                  ブラック     

 DL−S20P 45,000円    6月20日 ブルー  月3万台


開発の背景とねらい

 PHS(Personal Handy−phone System)は本年 7月からサービス開始が予定されています。家庭のコードレス電話の感覚で手軽 に利用できる新しいタイプの通信手段として期待されており、2010年では加 入者が3,800万人を越えると予測されています。
 当社は外出先での多様な利用を可能にするため通話・待受時間の長い新製品を 開発・商品化しました。

 また、PHS電話機の自由で行動的なイメージを表し、当社製品を身近なもの に感じて頂くため、「Carrots(キャロッツ:Carry Out Te lephone System)」を愛称とし、当社PHS電話機の普及を図っ ていきます。


新製品の主な特長

  1. 3時間の急速充電で、連続通話5時間、待受け130時間と長時間の外出先 での利用が可能で、携帯性に優れています。

  2. 明るくきれいなバックライト付き液晶画面に、相手先電話番号、通話時間、 電池残量などを表示します。

  3. 発信時には、ダイヤルボタンがグリーンに光るので、暗い所でも電話の受発 信が容易に行えます。

  4. オプションとして充電器、ヘッドセット、電池パックを用意しています。

新製品のおもな仕様


 無線周波数    1.9GHz帯

 送信電力     10mW

 無線アクセス方式 TDMA−TDD方式

 連続通話     5時間

 待受け      130時間(サービスエリア内で公衆モードのみで使用の場合)

 充電       3時間

 外形寸法     幅55mm×奥行22mm×高さ150mm

 重量       215g


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright