東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ノートブック形パソコン新製品の発売について…12.1型の大形ディスプレイを採用し、高解像度表示を実現…

1995年7月14日

 当社は、12.1型の大形TFTカラー液晶ディスプレイの採用などにより、   1,024×768ドットの高解像度表示と高精細なグラフィック処理を可能にした B4サイズのノートブック形パソコン「DynaBook HF575 051 XT/Wモデル」を商品化し、本日より営業活動を開始します。

 新製品は、CPUに「PentiumTMプロセッサ(75MHz)」を搭載しており、 高速処理を実現するとともに、高速グラフィックアクセラレータチップを採用する ことにより、グラフィック処理能力の向上を図りました。

 新製品では、あらかじめ内蔵された520MB*1のハードディスクに加え、増設ハ ードディスクまたは、CD−ROMドライブを本体に内蔵することができます。 また、CD−ROMドライブや光磁気ディスク装置などを直接接続できるSCSI2 インタフェースを装備するほか、PCMCIA準拠のLANカード、モデムカード などに対応したPCカードスロットを2スロット装備しており、ノートブック形パソコン の省スペース性と、デスクトップ形パソコンに匹敵する拡張性を実現しています。


新製品の概要


   形名     価格(税別)  CPU   メインメモリ  HDD FDD

  DynaBook HF575 998,000   Pentium TM   8MB   520MB  3モード  

  051XT W モデル         (75MHz)                   3.5 型

 *7月14日より出荷開始

開発の背景と狙い

 現在、急速に拡大するパソコン市場において、省スペース・携帯性を実現した ノートブック形パソコンの比率は年々拡大を続けています。また、パソコンの 利用者層も、個人ユーザから企業を中心とするシステムユーザに至るまで多様化し、 それぞれの用途に対応した製品が求められています。
 また、パソコンの利用環境としては、「Microsoft (R) WindowsNT TM」などの 高機能OSの普及や、次世代のOSとして注目されている「Microsoft (R) Windows (R) 95」など、マルチタスク、マルチウィンドウ環境が急速に普及しており、 ノートブック形パソコンにも、表示画面の大形化、高精細化をはじめ、CD−ROM、 光磁気ディスク装置などの大容量データ処理を可能とした周辺機器との接続や、 PCカードを利用した高速ネットワークの活用など、マルチメディアに対応した 拡張性への要求が、企業のシステムユーザを中心に高まっています。
 新製品は、このようなニーズに対応するため開発したもので、デスクトップ形 パソコン並みの大画面・高精細表示と、ノートブック形パソコンの省スペース性・ 携帯性を同時に実現するものです。


新製品の主な特長

  1. 表示画面に12.1型の大形TFTカラー液晶ディスプレイを採用することにより、 1,024×768ドットで256色を同時に表示でき、高精細な画像表示を可能に するとともに、画面の大形化により、複数のウィンドウ画面をより見やすく表示する ことができます。また、高速グラフィックアクセラレータ「CT65546」を採用 しており、高速描画を可能にします。

  2. CPUには「PentiumTMプロセッサ(75MHz)」を搭載しており、 音声や画像データを融合したマルチメディア対応のデータ処理にも十分対応可能な 高速処理を実現します。

  3. 外部インタフェースとしてSCSI2インタフェースを標準装備しており、 CD-ROMドライブや光磁気ディスク装置など、大容量データの処理に必要な周辺機器を 直接本体に接続することができます。
     また、RS−232C端子を標準で2ポート装備しており、テンキーや通信モデム などを同時に接続できます。

  4. PCMCIA準拠のLANカードやモデムカードなどに対応したPCカード スロットを2スロット(TypeV、TypeU各1スロット)装備しており、 TypeV1枚と、TypeU1枚の同時使用が可能です。

  5. ハードディスクには2.5型の大容量520MB*1ハードディスクを搭載する とともに、取り外し可能な3モードフロッピーディスクドライブをあらかじめ内蔵 しています。  さらに、本体内に増設ハードディスクを内蔵することで、1GBの大容量を実現 できます。また、フロッピーディスクドライブを取り外すことにより、CD−ROM ドライブを本体に内蔵することが可能です。(保守対応)

  6. メインメモリは標準で8MBを搭載しており、最大で40MBまで増設することが できます。今後主流となる「Microsoft (R) Windows (R) 95」などの32ビットOS にも十分に対応が可能です。

  7. 「SoundBlaster Pro」互換のステレオサウンドシステムを採用 し、高音質な音声を再生するとともに、マイク入力・スピーカ出力端子、ラインイン・ アウト端子を装備するなど、外部オーディオシステムとの接続による迫力あるサウンド が再生可能です。
 *1 MB:1MBは100万バイト

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright