東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
新製品の主な特長

  1. 電源装置2個を本体内に装着可能な二重化電源を搭載できるので、 電源に万一障害が発生してもサーバー内の既存データを破壊することなく、 実行中の業務を継続しながら電源の復旧作業を行うことができ、ネットワーク サーバとして必要な高い信頼性および頑健性を確保できます。

  2. 両モデルに高性能CPU「Pentium(TM) 133MHz」を搭載しています。さらに、対象形マルチプロセッシング(SMP)に 対応しており、「Pentium(TM)133MHz」を 最大4個まで搭載できるので、CPUに高負荷のかかるシステムでも、 高性能なサーバコンピューティングを実現します。(平成8年4月末から サポート予定)

  3. 各ディスクを管理するディスクアレイコントローラを搭載することにより、 ハードディスクの障害対策機能である「RAID」*2 レベル0,1,5に対応し、万一障害が発生した場合でも、実行中の業務を 継続しながらディスクの復旧作業を行うことができます。 (「SYU3401A」はオプションで搭載可能。「SYU3402A」は 標準装備。)

  4. 両モデルとも本体内に4GB,2GBのハードディスクを最大18個まで 搭載でき、大規模システムや、ネットワークシステムに不可欠なバックアップにも 対応できる高い拡張性を有しています。
    また、ハードディスクとディスクアレイコントローラとはFAST/WIDE SCSI2で接続でき、最高20MB/秒の高速転送が可能です。さらに、万が一 障害が発生した場合でも、実行中の業務を継続しながら、ディスクの復旧作業が 可能なホットスワップ対応になっており、頑健性の強化を図っています。

  5. 自動訂正機能がついたECC*3対応メモリを 採用しており、信頼性をさらに向上させています。

  6. 新製品は最新のOS、Windows/NT3.51、Netware4.1Jに対応しています。

  7. 「SYU3401A」は、お客様の必要に合わせて、メモリやディスクを 接続できる最小仕様のモデルです。「SYU3402A」は、32MBのメイン メモリ、2GBのハードディスク2個、およびRAID構成のディスクコントローラを 搭載した標準仕様のモデルです。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright