東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
Pentium(TM)プロセッサ(75MHz)を搭載し普及価格を実現したノートブックパソコンの発売について

1996年2月1日

DynaBook GT-S575
(左)051CS/Wモデル (右)051CT/Wモデル

当社は、CPUに低消費電力タイプの高速プロセッサ「Pentium(TM)プロセッサ (75MHz)」を搭載するとともに、メインメモリにEDOモード(*1)対応の 高速DRAMを採用したノートブックパソコン「DynaBook GT−S575」 を開発し、本日から世界で同時に営業活動を開始します。

普及価格を実現したノートブックパソコン「DynaBook GT−S575  051CT/Wモデル」は、1,677万色のフルカラー表示が可能な大形の 10.4型TFTカラー液晶ディスプレイを搭載するとともに、ニッケルメタル 水素電池を採用し、最大5時間のバッテリ駆動を実現しています。また、机上での 省スペース化や可搬性を高めるために、本体内部の高密度実装化および部品配置の 最適化を図り、ACアダプタを本体に内蔵しています。

「051CS/Wモデル」と「051CT/Wモデル」は、基本ソフトウェアとして 「Microsoft(R) Windows(R) 95」(Windows95)と「Microsoft(R) Windows(R) Version3.1」 (Windows3.1)(「Microsoft(R) MS-DOS(R) Version6.2/V」(MS-DOS 6.2/V)を含む)を あらかじめハードディスクにインストール済みで、購入後、最初の起動時にどちらか 1つを選択して使用することができます。また、「051CS/A95モデル」は 「Windows95」と同対応の統合アプリケーションソフト「Microsoft(R) Works for Windows(R)95」 (Microsoft Works)をあらかじめハードディスクにインストール済みで、 電源を入れるとすぐに「Windows95」環境下で、ワープロや表計算などの業務を 行うことができます。

なお、当社は、「国際エネルギースタープログラム」(*2)の参加事業者であり、 新製品は国際エネルギースタープログラムの基準に適合しています。

(*1)EDOモード: 「Extended Data Out」の略、メインメモリとCPUの間の連続データ転送を 高速で行う方式。
(*2)「国際エネルギースタープログラム」: 通産省が地球規模の問題である省エネルギー対策に積極的に取り組むため、 エネルギー消費の低減性に優れ、かつ、効率的な使用を可能とする製品の開発及び 普及の促進を目的として制定した制度。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
お問い合わせ先


Pentiumは、米国インテル社の商標です。
PS/2、VGA、SVGAは、米国IBM Corp.の登録商標です。
Microsoft、Windows、MS-DOSは、米国マイクロソフト社の米国及びその他の 国々における登録商標です。
Microsoft Works for Windows95は、米国Microsoft社の製品です。
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
1MBを100万バイト、1GBを10億バイトで算出しています。
PCMCIAは、「Personal Computer Memory Card International Association」 の略称です。
本文に掲載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合が あります。
その他、掲載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright