東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
UNIXサーバコンピュータとワークステーションの新製品の発売について

1996年3月4日

64ビット高速CPU「UltraSPARC」など新世代アーキテクチャを採用

 当社は、UNIXコンピュータの新製品として新世代のアーキテクチャを 採用した独自開発のサーバコンピュータ「UX2000」とワークステーション 「XECT(ゼクト) AS8000シリーズ」を商品化し、本日から受注活動を 開始します。
 今回の新製品は、昨年9月に発表した当社と米サン・マイクロシステムズ社との 提携拡大の成果の一つとなります。

 両製品には、新世代のアーキテクチャとして64ビット高速CPU「Ultra SPARC−T(167MHz)」が 搭載され、従来機種比(UX1000/AS5000)2〜3倍(CPU単位当たり)の演算処理の 高速化をはかるとともに、「高速パケットスイッチ型クロスバ・スイッチ(*1)」を 採用し、従来比約3倍の1.3GB/秒のデータ転送を実現することでシステム 全体の性能向上をはかりました。また、業界標準である米サン・マイクロシステムズ社 のUNIXコンピュータと互換性を確保しています。

 「UX2000」は、高い信頼性を実現した普及サーバコンピュータです。 二重化構成時にはシステムを停止せずにオンラインで磁気ディスクを交換できるほか、 新たに小型液晶画面を内蔵し、管理用モニターを利用しない場合でもシステム 稼働状態を表示できるなど保守・運用性の向上をはかっています。また、稼働中の システムに障害が発生した場合でも、実行中の業務を待機系システムに 引き継ぐことができる複合系システムをオプションで構成することができます。 基幹業務の一部や工場の生産管理などシステム管理上高い信頼性が必要とされる 業務に対応できます。

 「XECT AS8000シリーズ」は高性能ワークステーションとして イメージ・マルチメディア処理の高速化をはかるとともに、RAS (Reliability Availability Serviceability)機能(CPU監視・温度監視・ ファン停止検出)の標準装備による高信頼性と最大6台の磁気ディスクドライブ などを内蔵できる高い拡張性を備えています。「AS8000シリーズ」は 「XECT」の最高機種として、複雑な解析やシミュレーションを必要とする エンジニアリング業務、システム開発用途から製造ラインの監視用途まで 幅広い業務に対応できます。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • UNIXは、X/Openカンパニーリミテッドがライセンスしている 米国並びに他の国における登録商標です。
  • すべてのSPARCは、米国におけるSPARC INTERNATIONAL,Inc.の 登録商標です。SPARC商標のついた製品は、米国Sun Microsystemus,Incが 開発したアーキテクチャーに基づくものです。
  • Ethernetは、富士ゼロックス(株)の登録商標です。
  • Sun、Sun Mycrosystems、Ultra、VIS、Solarisは米国及びその他の 国における米国Sun Mycrosystems,INC.の商標または登録商標です。
  • XECTは日本における(株)東芝の登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright