東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界最高速のノートブックパソコン「DynaBookTECRA720」の発売について

1996年3月5日

最新のノートブックパソコン用「Pentium(TM)プロセッサ(133MHz)」を世界で初めて搭載

 当社は、CPUにインテル社がノートブックパソコン用として新たに開発した 低消費電力タイプの高速プロセッサ「Pentium(TM)プロセッサ(133MHz)」を世界で初めて搭載するとともに、 メインメモリに16MBのEDO(*1)モード対応の 高速DRAMや2次キャッシュメモリに256KBのパイプラインバースト SRAMを採用するなど、世界最高の処理能力を実現したノートブックパソコン 「DynaBookTECRA(テクラ)720」を開発し、本日から日、米、 欧など世界各国で同時発売します。

 新製品は、次のような世界初の7つの最新技術に基づいて商品化しており、 ノートブックパソコンとして世界最高性能を実現しています。
(1)インテル社の最新の「Pentium(TM) プロセッサ(133MHz)」を搭載するとともに、(2)当社がノートブックパソコン 用として新たに開発し、パソコン本体が動作中でも着脱できるホットドッキング 機能に対応したPCIチップセット、(3)PCIバスに対応した32ビットPC カード仕様の「CardBus」スロット、(4)CPUに負荷をかけずに動画や 音声情報を高速転送できる「ZV(Zoomed Video)ポート」を 搭載しており、デスクトップ機と同等の高速データ転送環境を実現しています。 また、(5)大形の12.1型TFTカラー液晶ディスプレイを採用するとともに、 1,024×768ドットの高解像度時でも65,536色同時表示が可能な グラフィックチップを搭載し、デスクトップ機と同等の高解像度表示、 高速処理をA4サイズのノートブックパソコンで実現しています。

 さらに、(6)PCIスロットなどを備え、ホットドッキング機能に対応した 拡張装置(デスクステーション)(オプション)を用意しています。新製品と 組み合わせて使うことにより、デスクトップ機用の最新PCIカードを ノートブックパソコンでも簡単に使用することができるなど、ノートブック パソコンとしての機動性を一層向上させるとともに、真のPlug&Play (プラグ・アンド・プレイ)機能を実現しています。(7)CD−ROM ドライブ(オプション)には、ノートブックパソコン本体に搭載可能な 超薄型低消費電力タイプの6倍速モデルを用意しています。

 新製品は、1.2GBの大容量ハードディスクに、基本ソフトウェアとして 「Microsoft(R)Windows(R)95」と「Microsoft(R)Windows(R) Version3.1」(Microsoft(R)MS−DOS(R)Version6.2/Vを 含む)をあらかじめインストール済みで、購入後、最初の起動時にどちらかを 一つ選択して使用することができます。
 なお、当社は、「国際エネルギースタープログラム」(*2)の参加事業者であり、新製品は「国際エネルギースタープログラム」の 基準に適合しています。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
お問い合わせ先


  • マルチメディアコネクトは、Syncro Development Corp. の登録商標です。
  • TranXitは、Puma Technologyの登録商標です。
  • Pentiumは、米国インテル社の米国における商標です。
  • MS-DOS、Microsoft、Windowsは、米国マイクロソフト社の米国及び他の諸国に おける登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • PS/2は、米国IBM Corp. の商標です。
  • Sound Blasterは、米国Creative Technology社の商標です。
  • 本文に掲載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合が あります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright