東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
DVDソフト制作システムに関する提携について

1996年3月21日

株式会社 東芝
ダイキン工業株式会社

 株式会社東芝とダイキン工業株式会社は、次世代高密度光ディスクDVDの 規格に合ったソフトを制作するための統合制作システムを協力して開発し、 販売することについて合意しました。

 本合意に基づき、両社は、株式会社東芝が開発したMPEG2*1エンコーダー システム、デコーダーシステムやリニア映画*2用オーサリング*3ソフト、 ダイキン工業株式会社が開発したインタラクティブなソフトまで幅広く対応できる DVD用オーサリングシステム「シナリスト2」、同社が販売提携を結んでいる ソニックソリューションズ社(本社:米国カリフォルニア州)のハイ クオリティーオーディオ編集システムを統合し、DVDソフト統合制作システム として全世界で販売していきます。
 本システムは、ソフト素材の取り込み、映像、音声データの圧縮、編集から、 DVDディスクに記録するマスターメディア(DLTマスターテープ*4)の 制作までを一貫して行うことができるものです。映画業界などのコンテンツ制作者の ニーズに応じた高品位の映像データ圧縮や、映像と複数言語の同期編集、MPEG2 圧縮映像データとDolbyAC3*5圧縮音声データの同期編集といった機能は もちろん、ユーザの任意選択によって複数の映像、音声、文字ソフトをストーリー 分岐したり検索することができる高度な対話型ソフトのシナリオ編集も行えるほか、 制作中のソフト内容を画面上で確認できる機能、DVD規格への整合性を検証する 機能なども備えています。
 また、株式会社東芝とダイキン工業株式会社は、本システムを導入したDVD ソフト制作会社を双方の出資で新たに設立します。6月にはDVD規格に対応した 高品位なソフト制作を行うスタジオを東京に設け、DVDソフトの制作サービスを 開始する計画です。

 DVDは、コンパクトディスクと同じ直径12cmの光ディスクで、片面一層で 4.7ギガバイトの記憶容量を持ち、MPEG2画像圧縮による高画質映像、 DolbyAC3音声圧縮による映画館並の高音質音声で、133分*6の 映像ソフトを収録することができます。また、単に映画を収録するだけでなく、 DVDの大容量を活用して、複数言語の音声・字幕の切り替え、パレンタルロック、 マルチストーリー、マルチアングルといった機能を持ったインタラクティブ映画や、 電子百科事典、電子カタログ、電子マップやゲームソフトなど、さらに インタラクティブ性が高いマルチメディアソフトとしての利用が期待されています。
 一方、こうしたDVDソフトの制作に際しては、アプリケーションに応じて、 映像シーン、アングルの切り替え、ストーリーや次画面展開の選択画面などの フローチャートを作成し、別々に取り込んだ映像素材や音声素材をチャートに 従って切れ目なく再生できるよう連結させて編集する必要があります。こうした 作業は既存のVTR制作に比べ膨大な時間と労力がかかることが予想されており、 これらのソフト制作作業を容易に行えるシステムが必要となってきます。

 株式会社東芝は、DVDフォーマット制作のリーダーとして当初から技術開発に 取り組んでおり、DVD関連技術の重要な位置を占める機器として同社が世界で 初めて開発・実用化したMPEG2リアルタイムエンコーダーは、高品位の 可変レート制御、映像シーンや画面構成に応じた符号配分制御、グラフィック ユーザインターフェイスによるシステム制御といった特長を備えており、 こうした優れた性能が米映画業界からも高く評価されています。
 ダイキン工業株式会社は、ビデオプロダクションやゲーム、CD−ROMの ソフト制作会社向けにCG制作、素材編集、オーサリングのためのソフト制作 システムの開発、販売を行っており豊富な実績を持っています。同社のDVD用 オーサリングシステム「シナリスト2」は、先に開発・販売しているビデオCD 制作システム「シナリスト1」の技術を活かして開発したもので、DVDの 全規格に対応しており、リニアな映画ソフトの制作から高度なインタラクティブ性を 持つマルチメディアソフトの制作までを複雑なプログラミング作業を介さずに 容易に行うことができるシステムです。
 また、ソニックソリューションズ社は、米国におけるデジタルオーディオ 編集ツールの分野で定評のあるコンピュータシステムの開発・販売会社で、 同社のオーディオ編集システムは映画業界、ソフト制作スタジオなどで広く 活用されています。本提携にあたり同社は、同社のハイクオリティーオーディオ 編集システムの提供のみならず、DVDソフト統合制作システムにおいて 各社のシステム間を結ぶ高速ネットワークの構築等に同社のシステムを活かし 協力していくことになります。

 株式会社東芝とダイキン工業株式会社が提携し、両社とソニックソリューションズ社 のそれぞれの優れた技術を持ち寄りDVDオーサリングシステムとして 統合することで、映像、音声等の様々な素材の取り込みから高品位なDVDディスク 用マスターメディアの作成までを短時間で高い品質と信頼性のもと一貫して 行うことのできるDVDソフト統合制作システムが完成し、リニア映画ソフトの 制作だけでなく、DVDならではの高画質、高音質、インタラクティブ性を 持ち合わせたソフトの制作環境が整うことになります。
 世界有数のコンテンツ制作会社である米国タイム・ワーナー社では、 本システムを導入し同社の映画ソフト等を利用した様々なDVDソフトの 制作に活用するとともに、ユーザーとしての見地から本システムの機能向上に 協力していくことを表明しています。

 マルチメディア時代のコアとなる次世代高密度光ディスクDVDの様々なソフトの 制作環境を整備するため、本システムによるソフト制作サービスの実施や システム販売を展開するとともに、システムの機能向上を進めるなど、 両社において今後さらに協力関係を強化していきます。

(注)

*1 ISOの委員会(Moving Picture Image Coding Expert Group) によって定められたデジタル動画の圧縮・伸長に関する国際規格
*2 複雑なストーリー分岐のない現行のワンストーリー展開の映画
*3 映像・音声などのデジタル化されたデータを、制作するストー リーどおりに編集(つなぎ合わせ、関連づけ等)を行い、マス ターメディアに収録する作業
*4 米国クウァンタム社製のテープメディア。20GB、40GB といった大容量のデータバックアップなどに利用されており、 大容量の情報を記憶するDVDのマスターメディアとしても適 している。
*5 映画などに利用されているオーディオデータ圧縮方式。Dolby は、Dolby Laboratories Licensing Corporationの商標です。
*6 シングルサイド・シングルレイヤーのディスクで、平均ビット レート4.69Mbps(映像、音声、字幕)の場合の収録時間


DVDソフト制作の流れ
東芝・ダイキン ハイエンドDVDオーサリング・システム構成図


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright