東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
官公庁向け制御システム分野における国際標準化機構の品質保証規格「ISO 9001」取得について

1996年3月26日

 当社は、情報処理・制御システム事業本部および官公システム事業部が 担当する官公庁向けを中心とする制御システムのエンジニアリング(設計・開発) 分野において、国際標準化機構(ISO)の品質保証規格「ISO 9001」 の認証を取得し、このたび、正式に認定書を受け取りました。

 今回の認証は、上下水道、工業・農業用水、ダム、空港、高速道路、ビル・ 共同溝、地域冷暖房プラントなどで使われている施設・設備の電源システム、 電動力応用システム、監視制御・計装制御システムのエンジニアリングおよび 据え付け・付帯サービスに関するもので、財団法人日本品質保証機構(JQA)の 審査を受け、取得したものです。
 対象部門は、本社の情報処理・制御システム事業本部および官公システム 事業部を含む国内10カ所および関連会社3事業場に展開している営業、 技術(エンジニアリング)、購買、建設(フィールド)、サービス部門 (合計:約1,200名)です。

 今回の認証取得にあたっては、多岐にわたるユーザー、製品・システムを 対象としながら、しかも全国各地の拠点で共通の品質保証を効率的に実現することが 不可欠であったため、新たにコンピュータネットワークを利用した品質保証 システムを開発し、実用化しました。具体的には、東芝グループ間を結ぶ 専用ネットワーク回線とUNIXコンピュータシステムを接続し、 オフィス業務の流れにそって自動的に情報を伝達・処理するワークフロー管理の ミドルウェアソフト「InConcert」を使って「規程類管理支援 システム」を構築しています。全国各地の担当部門では、パソコンを使って 品質に関する様々な管理基準、規程類データの登録、検索利用などを 行うことができ、リアルタイムでの情報共有化を可能にしています。
 また、官公庁向け制御システム分野の製造部門で、既に「ISO 9001」の 認証を取得している府中工場、東京システムセンター、関西システムセンターに おいても、「規程類管理支援システム」の一部を運用開始しています。これにより、 今回の認証取得によって約4,000名が従事する官公庁向け制御システム 事業全般にわたって「ISO 9001」による一貫した品質保証システムを 実現しています。

 今回の「ISO 9001」の認証取得を契機に、調達活動の国際化の流れに 対応するなど、顧客の満足度をさらに高めることができるよう、より一層の品質 保証体制の充実を図り、官公庁向け制御システム事業を積極的に推進していきます。

(備 考)

今回の認証対象事業場 ・・・ 東芝本社、関西支社、中部支社、九州支社、中国支社、 北陸支社、東北支社、北海道支社、四国支社、新潟支店、 東芝エンジニアリング株式会社、東芝情報制御システム株式会社、 東芝電機サービス株式会社


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright