東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界共通使用が可能なカラーテレビ用ICの新製品について

1996年4月18日

 当社は、カラーテレビ用信号処理用ICとして、世界全方式の放送システムに 対応可能な副搬送波回路を内蔵し必要な水晶振動子を一つにするなど、周辺部品 点数を従来の約半分に減らせる「TB1226N」を開発し、本日よりサンプル 出荷を開始します。

 新製品は、1.2ミクロンのバイCMOSプロセスを採用することで、 6500ゲートの大容量のロジックを内蔵しているため、基準発振によって 全放送方式に対応可能な副搬送波回路の搭載を可能にしました。これによって、 従来、放送方式や周波数ごとに複数の水晶振動子を接続する必要があったのに対し、 1つの水晶振動子で対応可能になりました。 さらに、バイCMOS技術の採用によって、業界で初めてベースバンド遅延線の 内蔵も実現しました。

 このため、新製品は、世界各方式に対応するとともに、周辺部品点数を従来の 約半分に減らすことができるため、シャーシ基板の簡略化やテレビセットにおける 世界レベルでの設計の標準化を可能にします。


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright