東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
電子ファイリングシステム「FilingStage」の新製品について

1996年5月15日

Windows(R)NT版と高速読み出しができる階層ストレージ制御(*)機構を発売

 当社は、電子ファイリングシステム「FilingStage」の 新製品として、「Windows(R)NT 対応サーバソフトウエア」と「FilingStage」の機能拡張製品として、 データ最適配置機能によりデータの高速読み出しを可能とした階層ストレージ 制御(*)機構「MicroHSM」を商品化し、本日から発売します。

 「サーバソフトウエア」は、クライアント/サーバ型のファイリングシステムで、 2.3GB光磁気ディスク(MO)、MOオートチェンジャやA1サイズの 大型図面にも対応できるスキャナ/プリンタなど、豊富な周辺機器を接続することが できます。
 「MicroHSM」は、メディア間でのデータ最適配置機能による階層 ストレージ制御を行うことで、データの高速読み出しが可能でシステムに対する 負荷を軽減し、信頼性が向上しています。
 なお、これらの製品は、いずれも高密度光ディスク(DVD)対応を予定 しています。

(*)階層ストレージ制御: 保存したディスク内のデータをその長さや使用頻度に応じてハードディスク (HDD)とMOの各記憶装置に振り分ける管理方法。新製品では、さらに複数の MO間でもデータの最適化配置(振り分け)を行うため、一層の効率の高いデータ 読み出しが可能。


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
お問い合わせ先


  • Windows NTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国々における 登録商標です。
  • UNIXはX/OPENカンパニーリミテッドがライセンスしている米国ならびに他の 国々における登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright