東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高速CPUを搭載し処理能力を向上させたオフィスワープロの発売について

1996年6月13日

 当社は、Pentium(R)プロセッサ 75MHz相当の高速CPUを搭載し、当社従来製品に比べ、スクロール速度を約5倍(*1)、 印刷イメージの表示速度を約4倍(*1)にするなど、 高速処理を実現したオフィスワープロ「TOSWORD  JW−3580」など3機種を発売します。
 新製品では統合型表計算ソフト(「Lotus 1-2-3 R2.5J」相当)を 標準搭載しており、文書処理だけでなく表計算業務も容易に 行うことができます。また、和文14書体、英文12書体を備えており、 様々なニーズに応じた文書作成が可能です。

(*1) JW−3550の従来機種JW−3050との比較


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
お問い合わせ先


  • Pentiumは米国インテル社の登録商標です。
  • Lotusと1-2-3は米国ロータスディベロップメント社の登録商標です。
  • 一太郎は(株)ジャストシステムの登録商標です。
  • MS-DOSは米国マイクロソフト社の登録商標です。
  • 本発表文に記載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright