東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
インドネシアにおけるカラーブラウン管の製造・販売合弁会社の稼働開始について

1996年6月24日

 当社は、インドネシアにおいて、住友商事および韓国オリオン電気、インドネシアの TGI社(P.T. Tabung Gambar Indonesia)との合弁により、中・小形のカラー ブラウン管の製造・販売会社「TEDI社」(P.T. TOSUMMIT ELECTRONIC DEVICES INDONESIA)の製造工場の建設を進めてきましたが、このたび生産体制が整い、 本日から稼働を開始します。

 新会社は、東南アジアを中心に拡大する中・小形のカラーブラウン管の市場 ニーズに対応するため平成7年12月に設立したもので、本年8月から14インチ および20インチのカラーブラウン管の本格量産を開始します。生産能力は、 年産230万本です。

 新会社は、東ジャカルタ工業団地内に11.3ヘクタールの土地を有し、平成7年 7月より建家の建設に着手し、このたび稼働を開始したもので、投資額は、建設費、 設備費を含めて約100億円です。
 建家面積は、約3万1千平方メートルで、従業員数は、約1,100名です。

 また、当社は、市場に密着した生産体制を確立するため、インドネシアにおいて カラーテレビの製造を行う「東芝家電製造インドネシア社」を平成8年2月に設立し、 建家の建設、製造設備の導入を進めてきましたが、本年4月に建家が完成し、 今月末に稼働を開始する予定です。14インチおよび20インチのカラーテレビを 製造するもので、今年度は約40万台、平成9年度には100万台の生産を 見込んでいます。

 「TEDI社」が製造するカラーブラウン管のうち、約30%は、「東芝家電製造 インドネシア社」と当社のシンガポールの家電製造・販売現地法人「TSP社、 日本名:東芝シンガポール社)」に供給する予定です。

 カラーテレビの世界市場は、平成8年は対前年比104%の約1億970万台が 見込まれています。このうちアジア地域においては急速な普及が進んでおり、 同地域における平成8年の市場規模は、対前年比約110%と高い伸長が 見込まれています。
 また、インドネシアの市場規模は、平成7年は約180万台でしたが、今後も 年率二桁以上の高い伸長が見込まれており、平成10年には250万台の市場規模が 予測されています。

 当社は、ブラウン管とカラーテレビの新会社の製造を開始することで、 インドネシアをはじめ、拡大するアジア市場を中心とした旺盛な需要に対応して いきます。


「TEDI社」の概要

社名 P.T. TOSUMMIT ELECTRONIC DEVICES INDONESIA
(日本名:TEDI社)
社長名 垣内 博文(かきうち ひろふみ)
資本金 4千万USドル
出資比率 当社28%
(住友商事22%、韓国・オリオン電気15%、インドネシア側35%)
所在地 東ジャカルタ工業団地内
従業員数 約1,100名


東芝家電製造インドネシア社
社名 P.T. TOSHIBA CONSUMER PRODUCTS INDONESIA
(日本名:東芝家電製造インドネシア社)
社長名 大滝 紀克(おおたき のりかつ)
資本金 15億円
出資比率 当社 5億円、東芝シンガポール社 10億円
所在地 東ジャカルタ工業団地内
従業員数 約350名


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright