東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
「Pentium(R) プロセッサ(200MHz)」を搭載したミニタワー形パソコンなどの発売について

1996年7月8日

高速LANカードを標準装備するなどネットワーク対応機能を強化

 当社は、最新の高性能CPU「Pentium(R) プロセッサ(200MHz)」を搭載したミニタワー形パソコン「PV5000 5200」など、 高速LANカード、大容量2.5GBハードディスク装置、8倍速CD−ROM ドライブを標準装備したパソコン新製品4機種7モデルを商品化し、 本日から発売を開始します。

 新製品は、企業内のネットワーク環境でのパソコンの利用拡大に対応するため、 最大100Mbpsの大容量データを高速転送できる「100BaseTX LAN カード」を標準装備しています(「Microsoft(R) Windows(R)3.1」(「Windows3.1」) プレインストールモデルは最大10Mbpsのデータ転送ができる「10Base  LANカード」を標準装備)。

 「PV5000 5200」は、 「Pentium(R)プロセッサ(200MHz)」を 搭載するとともに、メインメモリに16MBのEDO(Extended Data Out)モード 対応の高速DRAM、2次キャッシュメモリに256KBのパイプラインバースト SRAMを採用し、高速処理を実現しています。また、 増設拡張スロット6スロット、内蔵型の補助記憶装置用ベイ3スロットも 備えており、拡張性に優れた高性能のミニタワー形パソコンです。

 「Pentium(R)プロセッサ(166MHz)」を 搭載した「PV3000 5166」および「Pentium(R) プロセッサ(133MHz)」を搭載した「PV3000 5133」は、 メインメモリに16MBのEDOモード対応のDRAM、2次キャッシュメモリに 256KBのパイプラインバーストSRAMを採用し、コストパフォーマンスを 高めたデスクトップ形パソコンです。

 「PV5500 6200」は、「Pentium(R)Pro プロセッサ(200MHz)」を搭載するとともに、メインメモリに32MBのEDO モード対応の高速DRAMを採用し、高速処理を実現しています。また、 基本ソフトウェアに「Microsoft(R) Windows NT(TM)3.51(Workstation)」を プレインストールしており、企業における幅広い業務に対応可能な 高性能のミニタワー形パソコンです。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
お問い合わせ先


  • Pentium、Pentium Proは、米国インテル社の商標または登録商標です。
  • PS/2は米国IBM Corp.の登録商標です。
  • Microsoft、Windows、MS-DOS、Windows NTは、米国マイクロソフト社の米国 及びその他の諸国における登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • S3、Vision968、Trio64V+は、米国S3社の商標です。
  • ハードディスクの容量は、1MBを100万バイト、1GBを10億バイトで算出しています。
  • SoundBlasterは米国CreativeTechnology社の商標です。
  • 本文に掲載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合が あります。

なお、新商品情報は「製品・サービス」の「国内パソコン」でも提供します。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright