東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
薄形の15.0型TFT液晶表示装置の発売について

1996年9月24日

17型ディスプレイ管相当の大画面でパソコン用モニタに最適

 当社は、光透過率の高い素子構造の開発や駆動ICの高密度実装により、 15MM厚の薄型を実現した、15.0型TFT液晶表示装置「LTM15C151」 を開発し、本日から営業活動を開始します。サンプル出荷は97年3月から開始する 予定です。

 新製品は、1024X768画素 (XGA)の表示容量を有しており、最大26万色の同時表示が可能など、 マルチメディア時代に対応した高精細な動画像を表示することができます。

 また、新製品は従来設計に比べ約25%の光透過率の向上を図った液晶素子構造を 開発するとともに、液晶駆動ICを高密度実装することなどによって、 15.0型としては最も薄型の15MM厚を実現しています。光透過率の改善に ともない、11.9ワットの低消費電力と1.4KGの軽量本体も実現しています。


新製品の概要
開発の背景
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright