東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ホームパソコンからミニノートパソコンまで、7機種14モデルを発売

1996年11月5日

操作性、機能性およびインテリア性を向上させた本格的ホームパソコン「BREZZA」など、ラインナップを強化・拡充

 当社は、急速にパソコンの普及が進む家庭市場に向け、操作性、機能性および インテリア性を向上させたホームパソコン「BREZZA(ブレッツァ)」をはじめ、 ミニノートパソコンから企業向けミニタワーパソコンまで7機種14モデルを 商品化し、本日より国内で発売します。新製品のうちノートパソコン4機種 8モデルは、日・米・欧を中心に世界各国で同時発売します。

 今回発売するホームパソコン「BREZZA 5200MBモデル/5166MBモデル」は、 テレビ、FMラジオ、CDプレーヤ、電話などの機能をあらかじめ搭載しており、 初心者でも使いやすいよう、各機能の切り換えをボタン一つで行える装置である 「InTouch(インタッチ)」を標準装備しています。
 また、家庭(リビング、書斎など)に最適なデザインや黒を基調とした ミッドナイト・グレーの本体色を採用するとともに、自社開発の最新ブラウン管 「マイクロフィルター(TM)」をはじめ、 ステレオスピーカや重低音に優れた サブウーハーを搭載しており、テレビやCDプレーヤを楽しむ際にも、より鮮明な 動画像と迫力あるサウンドを再現できます。
 さらに、新製品は、高性能CPU 「Pentium(R)プロセッサ(200MHz)」 (5166MBモデル/166MHz) や、新しいインタフェースの規格であるUSB (ユニバーサル・シリアル・バス)(注1)コネクタを装備するとともに、 国内で初めて、USBで接続された「InTouch(インタッチ)」を はじめとする最先端の技術を搭載した本格的ホームパソコンです。

 サブノートパソコンの新製品 「DynaBook PORTEGE(ポーテジェ) 660」は、 CD−ROMドライブおよび、CPUに「Pentium(R) プロセッサ(150MHz)」をサブノートパソコンとしては世界で初めて搭載すると ともに、11.3型SVGA(800X600ドット)の大型TFTカラー液晶 ディスプレイや、「CardBus」、「ZVポート」に対応したPCカード スロットを装備するなど、最先端の技術を搭載しています。

 また、コンパクトな本体(A4サイズの約3分の1、重さ約840g)の ミニノートパソコン「Libretto(リブレット) 30」は、「DX4(100MHz)」 相当のCPUを搭載するとともに、容量500MBの超薄型ハードディスク装置を 採用しています。また、操作性に優れたポインティング装置「リブポイント」を 採用しています。

 さらに、ノートパソコンの新製品として、高機能ノートパソコン 「DynaBookTECRA(テクラ) 510」、マルチメディアノートパソコン 「DynaBookSatellite Pro(サテライト プロ) 430」、普及型 カラーノートパソコン「DynaBookSatellite(サテライト) 200」を、 また、企業向けミニタワーパソコンとして「PV5000」もあわせて商品化し、 パソコンのラインナップの強化を図ります。

 今回の新製品の発売にあわせて、従来機種2機種4モデルの標準価格を改定します。
「DynaBookTECRA 730」の2モデル(CT/2.1 Windows 95モデル、 Windows 3.1モデル)は、現行の848,000円を748,000円 (値下げ率12%)に改定します。また、「DynaBookSatellite 110」は、 CT/810モデルを348,000円から308,000円(値下げ率11%)に、 CS/810モデルを288,000円から228,000円(値下げ率21%)に それぞれ改定します。

 なお、インターネットの東芝ホームページに、東芝PCホームページ 「PC STARS」 (http://www2.toshiba.co.jp/pc/)を11月1日に開設しました。 従来の東芝ホームページに掲載していたパソコンの情報に加えて、 新たにサービス、サポート情報の掲載をはじめ、各機種についての製品情報などを 充実することにより、当社のパソコンの最新情報を提供していきます。

(注1) USB(ユニバーサル・シリアル・バス):パソコンの周辺機器を接続する 新しい規格。従来の異なった形状のコネクタ(パラレルポート、シリアルポート)を 統一化することにより、マウス、キーボード、モデム、プリンターなどを 1つのコネクタで接続することができる。また、1本のケーブルで最大127台まで 接続することが可能。


開発の背景と狙い
新製品の概要
新製品の主な特長
お問い合わせ先

なお、新商品情報は当社のPCホームページ「PC STARS」(http://www2.toshiba.co.jp/pc)でも提供します。


  • MS-DOS、Microsoft、Windowsは、米国マイクロソフト社の米国及び他の諸国に おける登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • Pentiumは Intel Corporationの商標または登録商標です。
  • PS/2、SVGAは米国IBM Corp.の商標です。
  • S3、ViRGEは米国S3社の商標です。
  • SoundBlasterは、米国のCreative Technology社の商標です。
  • Lotus、Organizerは、Lotus Development Corporationの登録商標です。
  • マルチメディアコネクトは、Syncro Development Corp.の商標です。
  • TranXitは、Puma Technologyの登録商標です。
  • CardWorks、CardSoftは、SystemSoft Corporationの商標です。
  • Guippy IIは株式会社アトソン及び日本アイ・ビー・エム株式会社の著作物です。
  • DWANGOはInteractive Visual Systems Corporationの米国及び他の国における 登録商標です。
  • Hot Cafeは株式会社 ハイパーネットの登録商標です。
  • VTX for Windows95は日本電信電話株式会社の製品です。
  • VIRTUACOP、ばくばくアニマルは株式会社セガ・エンタープライゼスの 登録商標です。
  • VIRTUACOPは株式会社セガ・エンタープライゼスの製品です。
  • BigRedRacingはEidos Interactiveの米国及びその他の国における登録商標です。
  • 通信ジュークカラオケ、Music Box、DoReMiXはローランド株式会社の製品です。
  • ASTRANSACは株式会社東芝の登録商標です。
  • 岩波国語辞典は岩波書店の商標です。
  • 岩波国語辞典は岩波書店の著作物です。
  • ViewDicはイースト株式会社の商標です。
  • デイリーコンサイス英和・和英辞典は三省堂書店の商標です。
  • 本文に掲載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合が あります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright