東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界最高速の処理速度を実現した32ビットRISC形マイコンの発売について

1996年11月26日

 当社は、組込み用32ビットマイコンとして、0.3ミクロンの微細加工技術の 採用などにより、業界最高速の70MHz動作を実現した「TMPR3901F− 70」を開発し、来年1月からサンプル出荷を開始します。

 新製品は、米国ミップス・テクノロジー社の32ビットRISC(縮小命令形 コンピュータ)形マイクロプロセッサ「R3000A」の派生品として、当社が独自に 新開発した「R3900高速版コア」を搭載しています。

 「R3900高速版コア」は、0.3ミクロンの微細加工技術やアルミ3層配線の 採用によって、従来の32ビットマイコンのコアに比べて処理速度が40%(当社比) 向上し、また、コア部のセル面積を約4分の1(当社比)に縮小しています。
 さらに、キャッシュメモリを除き、コア内の回路配置を自由に変えることが できるため、本コアを用いることによって、今後さまざまなアプリケーションに 適したシステムLSIを実現することができます。


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright