東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
冷凍冷蔵庫の新製品発売について

1996年12月9日

季節やライフスタイルの変化に応じて、
5つの用途に使用できる「切替ルーム」を採用

 当社は、設定温度を約−18℃から 約3℃まで変更でき、 季節や家族構成、ライフスタイルの変化に応じて、「冷凍」、「パーシャル」、 「チルド」、「野菜」、「冷蔵」の5つの用途で利用できる「切替ルーム」を 設けた冷凍冷蔵庫「かわりばん庫シリーズ GR−M43KC」など2機種を、 1997年2月から順次発売します。

 新製品では、設定温度をダイヤルスイッチで切り替え、専用ダンパー(冷気 送り込みのための調整弁)の開閉で冷気の流入を調節し、温度帯を変化させる 容量30リットルの「切替ルーム」を、最も使いやすい腰の高さに設けています。 「切替ルーム」の採用により、夏には麦茶やジュースの保存用に冷蔵室を 250リットルに増やし、冬には年末年始の食品の長期保存用にチルドを 55リットルに増やす(*1)など、使用したい温度帯の部屋容量を業界一の 広さにすることができ(*2)、ライフスタイルに応じた最適な容量配分が実現できます。

 なお、高さを低く抑えた400リットルクラスの冷凍冷蔵庫 「収納名人シリーズ GR−M40K」も97年3月16日から発売します。

*1:「GR−M43KC」の場合。
*2:同クラスのミッドフリーザー冷蔵庫との比較。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright