東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ルームエアコン新製品の発売について

1996年12月17日

身体に直接風を当てずに快適に暖房できる「健康気流」を
リビングルーム向けエアコンにも採用

 当社は、9〜17畳のリビングルーム向けのルームエアコンとして、天井と床の 2方向に暖気を吹出すことで床面から天井への暖気上昇を抑え、足元から快適に 暖房できる「健康気流」を採用した「RAS−406SD」など2機種を、97年 1月1日から発売します。
 新製品では、2枚のルーバーを独立して制御することにより、気流を天井方向と 床方向にそれぞれ同時に吹き出せるため、身体に直接風を当てずに、足元から快適に 部屋全体を包み込むように暖めることができます。さらに、コンプレッサーの効率 改善や送風効率の改善により、業界トップの省エネルギー性能を実現(*)しています。

 また、複数のエアコンの同時使用を考慮し、約10A(アンペア)の低電流運転が できる「RAS−255STS」など3機種を97年2月に、新築住宅や事務所で 採用が増加している200V電源対応機種「RAS−286STS」など3機種を 97年3月に発売します。

(*)「RAS-406SD」で年間電気代 49,800円(暖房6.0(0.7〜7.5)kW、冷房4.0(0.7〜4.6) kW)


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright