東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
新製品の主な特長

  1. 抗菌コートを施した「新・そのまんま皿」

    ガラスセラミックス製丸皿の上面に抗菌コートを施した直径29cm(ER−EX35 は27cm)の「新・そのまんま皿」を採用しました。菌の繁殖を抑え清潔さを 向上しています。「新・そのまんま皿」は耐熱性の向上とオーブンの加熱制御を 向上させることにより、レンジ調理だけでなくオーブン調理にも使用可能と なっており、調理毎に皿を入れ替える手間を省け、また、庫内で保管できるため 置場所にも困りません。(「ER−EX55、35」)

  2. ラップの有無に関わらず最適なレンジ加熱ができる「そのまんま加熱」

    絶対湿度センサーで食品からの水蒸気量の変化を検知し、重量センサーと温度 センサーを併用することでレンジ加熱を最適に制御する「そのまんま加熱」を 採用しており、ラップの有無に左右されず食品を最適に温め直します。 (「ER−EX55」)

  3. 揚げ物などをからっと温めなおす「カラッとグルメ」

    従来の揚げ物や焼き物のレンジ加熱では、食品内部の水分がしみ出て、全体が 湿ってしまいましたが、レンジ加熱とヒーターの連続加熱を行う「カラッとグルメ」に より、揚げ物などをからっと温め直すことができます。(「ER−EX55、 35、25」)

  4. 「生解凍」と「さしみ解凍」の「2Way生解凍」

    肉などの食材の場合に必要な、内部まで完全に解凍する通常の「生解凍」とともに、 さしみなどの場合に包丁を入れやすいように内部をやや凍らせた状態にとどめる 「さしみ解凍」を行うことができ、目的に応じて最適な方法を選べます。しかも、 トレーのままで行えます。(全機種)

  5. 調理スペースを大きめにとれる「31cm深角皿オーブン」

    「ER−EX55」は、調理スペースを大きめにとれる31p深角皿を採用する ことで、クッキーなら一度に36個焼き上げることができるなど一度に多量の オーブン調理が可能です。
    「ER−EX35、25」は「28cm深角皿オーブン」を採用しています。

  6. 「出し忘れお知らせ機能」、「ブザー音、音消し機能」

    調理終了後、食品を庫内に入れたままにしておくと、一定時間後に電子音が 鳴って出し忘れを知らせる「出し忘れお知らせ機能」を採用しています。また、 当社独自の「ブザー音、音消し機能」を採用しており、電子音が不要な場合、 音を消すことができます。(全機種)

  7. つまみを回すだけでメニュー・時間合わせができる「ダイヤル操作」

    メニュー合わせや手動設定時の面倒な時間合わせが、ダイヤルつまみを 回すだけの簡単な操作で行えます。(全機種)

  8. 調理時間の記憶が可能な当社独自の「マイコース」機能を単機能タイプに採用

    よく使うメニューの調理時間を2つまで記憶させることができ、ボタンを 押すだけで記憶させたメニューのレンジ加熱ができます。(「ER−VS3」)


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright