東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
電子商取引に最適なICカードの発売について

1997年1月8日

暗号処理専用プロセッサを内蔵し、高いセキュリティ性を実現

 当社は、電子商取引などに最適なICカードの新製品として、CPUを内蔵した ICカードに暗号処理専用プロセッサ(コ・プロセッサ)を搭載した 「CZ−3017」を開発し、本日より営業活動を開始します。

 新製品は、コ・プロセッサを内蔵することで、ICカード側で暗号処理に関する 多量のデータを高速に処理することができ、より安全性の高い 公開鍵暗号方式(注1)を 採用したシステムに対応することができます。これにより、 インターネットなどを使用して、クレジットカード番号や個人情報を送受信する 電子商取引などの金融決済分野に応用することができます。

 なお、本製品は、通産省の「電子商取引推進事業」のプロジェクトの一つであり、 当社とビザ・インターナショナルが幹事会社を務める「スマート・コマース・ ジャパン」が97年度に行う実証実験で使用される予定です。


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright