東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
普及タイプのオーブンレンジの新製品発売について

1997年1月8日

ガラスセラミックス製丸皿の上面に
抗菌コートを施した「新・そのまんま皿」を採用

 当社は、レンジ調理とオーブン調理の両方に使えるガラスセラミックス製丸皿の 上面に抗菌コートを施し菌の繁殖を抑え、清潔さを保てる「新・そのまんま皿」 (*1)を採用した普及タイプオーブンレンジ「ER−EX55」など3機種を 1月16日から順次発売します。

 「ER−EX55」は、絶対湿度センサーで食品からの水蒸気量の変化を検知し、 重量センサーと温度センサーを併用することでレンジ加熱を制御する「そのまんま 加熱」を採用しており、ラップの有無に関わらず食品を最適に仕上げます。
 また、3機種ともレンジ加熱とヒーターの連続加熱を行いオーブンで水分を 蒸発させ、冷えた揚げ物や焼き物をからっと温め直すことができる 「カラッとグルメ」や、しっかり解凍する「生解凍」と中心部をやや 凍らせた状態に解凍する「さしみ解凍」の2つの解凍が選べる「2Way生解凍」を 備えています。

 なお、これらの他、レンジ機能のみの単機能タイプ電子レンジ「ER−VS3」も 3月1日に発売します。

*1: 「新・そのまんま皿」は、「ER−EX55」と「ER−EX35」で 採用しています。
「ER−EX55」では庫内構造の違いにより、オーブン調理の自動時・手動時 両方で使用できますが、「ER−EX35」では自動時にのみ使用可能です。


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright