東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
車載形フルカラーLED表示装置の発売について

1997年1月16日

各種イベントから災害発生時の情報提供まで幅広い応用が可能

 当社は、必要な場所に手軽に移動できる車載形で、256階調制御・ 約1,678万色のフルカラー表示が可能な160インチの大形LED 表示装置を開発し、本日から営業活動を開始します。

 車載形LED表示装置の商品化は業界で初めてです。

 新製品は、放電管などの屋外表示装置に比べ重量が約2分の1、消費電力が 約3分の1と薄形、軽量で低消費電力を実現できるLED表示装置を 採用することにより、パソコン、音声・映像再生システム、発電装置など 映像表示に必要なシステム一式を1台の自動車(普通自動車免許で運転できる 4トントラックベース)に搭載することを可能にしています。

 このため、少人数で自由に走り回れる機動力があり、固定設置が困難な場所での 利用も可能なことから、スポーツ中継や映画・コンサートなどの各種イベント、 官公庁、自治体などの広報活動、災害発生時の避難誘導や被災状況などの 情報提供など、幅広い分野でのフレキシブルな応用が可能です。

 また、新製品は、LED表示装置部を水平方向に最大90度まで 回転することができるため、利用環境にあわせた最適な画面位置を 設定できるとともに、回転後のあいた荷台部分はステージとして 活用することができます。

 新製品のシステム価格は、LED表示装置の画素の間隔を 20ミリピッチとしたタイプのものから全輪駆動タイプを使用した 多目的高性能車まで5,800万円〜9,500万円と用途にあわせた 幅広い価格を設定しています。標準タイプは、表示画素の間隔が10ミリピッチの 高精細タイプの160インチフルカラーLED表示装置をエアサスペンション付き 自動車に搭載した構成で、7,500万円です。97年度に30台の受注を 見込んでいます。


開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様(標準仕様)
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright