東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
次世代のインターネット用高速ルータの商品化について

1997年1月28日

 当社は、従来のルータに比べ約10倍(注1)の高速性を実現することで、 より高速なインターネット/イントラネットの構築を可能にし、より高品質・ 大容量のデータ転送を実現する次世代の高速ルータ「セルスイッチルータ」の 第一弾として、コアルータ「CSR5300」2タイプなどを商品化し、 本日より日本国内で営業活動を開始します。

 新製品は、既存のLANやルータへの接続はもとより、ATM交換網の 通信方式であるSVC(注2)をサポートすることにより、次世代の 高速ルータとしては世界で初めてATMネットワークに接続できるなど、 様々なネットワークに対応できます。

 今回商品化するものは、2.5GbpsATMスイッチを内蔵した コアルータ「CSR5300」2タイプで、通信事業者、インターネット プロバイダ、企業・大学などのネットワーク向けに販売します。また、 ATMスイッチメーカー向けに、2.5GbpsATMスイッチ用 コントローラー「CSR530」のOEM供給を行います。 ATMスイッチと組み合わせることにより、コアルータを 構成することができます。

 「セルスイッチルータ」は、パケット転送を行う際に、従来製品で行っていた ソフトウェアのみによる処理に加えて、ATMスイッチを利用したハードウェア 処理を可能にする「カットスルーパケット転送モード」(注3)を採用しており、 従来タイプのルータに比べ、約10倍の高速性能と半分以下のコストを実現します。
 また、「カットスルーパケット転送」の方式としては、現在の「フロードリブン (注4)」方式に加え、より大規模なネットワークに最適な「トポロジードリブン (注5)」方式にも対応するデュアルモードを今後採用する予定です。

 本製品は、日本国内だけでなく世界各国での展開を予定しています。また、 本製品に組み込まれている通信プロトコルについては、日、米、欧の有力企業に 対する技術供与を積極的に推進しています。

 なお、新製品は2月4日より米国ワシントンD.Cで開催される「COMNET (コムネット)97」に出展する予定です。

(注1): 当社従来機種と比較した場合の値。
(注2): SVC(switched virtual connection):ATM交換網で使用される通信方式の 一つで、通信開始時にその都度相手を指定して接続する方式。
(注3) : ATMスイッチをパケットの転送エンジンとして活用する方式。 各パケットごとのソフトウェア処理を省くことにより、高速転送が可能となる。
(注4) : カットスルーを行う際に、個々の通信毎に処理を行う方式で、ネットワークの 構成変化により柔軟に対応でき、きめ細かい品質確保が可能になる。
(注5) : カットスルーを行う際に、同一の通信相手先ごとにまとめて処理をする方式で、 より大規模なネットワークに適している。


新製品の主な概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright