東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
住宅内の空質(インドア・エア・クオリティ)向上を実現する24時間全館空気制御システムの発売について

1997年2月20日

 当社は、24時間の全館空気制御で住宅内の「空質」 (インドア・エア・クオリティ)を向上し、人と住まいに最適な 空調を実現する住宅用空気制御システム「NEXTAIR」 (ネクストエア)を開発・商品化し、住空間システム事業の 中核として、本事業分野に参入します。
 新製品は、住宅メーカーやデベロッパーへのコンセプト提案と 意見交換を重ね開発したもので、冷暖房・除湿能力を備えるだけでなく、 高性能の空気清浄フィルタにより、花粉や塵、タバコの煙や建材等から出る 化学物質を除去し、空気の清浄度を含めた住宅内の空質を最適化しています。
 また、全体の冷暖房・除湿と冷・温風分配を行う「空調ユニット」、温度制御が 個々に可能な各部屋の「吹出ユニット」、屋内の温・湿度の変化を抑えながら 換気を行う「全熱交換気ユニット」でシステム構成しており、各部屋の位置や 室温に応じて各ユニットの能力・風量をネットワーク制御することで、各居室別の 温度制御はもちろん玄関、廊下を含めた家全体を快適な温度・湿度に保ちます(*1)。
 さらに、これらの各ユニットの小型化と小径断熱ダクトの採用等により、 戸建住宅(*2)はもちろん、天井スペースの限られた集合住宅にも対応可能としています。

 新製品では、当社ルームエアコン「電気上手シリーズ」で培ったデジタル制御技術、 高効率コンプレッサ等を活用することで、高い省エネルギー性能を実現しています。 「セーブ運転」機能も備え、従来型の各部屋別のエアコンで個別空調したのと同等の 電気代で、24時間の全館空調が可能です。

 なお、本製品システムは、3月4日から9日まで開催する 「TOMORROW21 東芝技術展」で展示します。

(*1) トイレ、浴室、台所の換気については、別に局所換気ユニットが必要です。
(*2) 住宅新省エネルギー基準を満たす一般的な戸建住宅。住宅新省エネルギー基準は 通産省、建設省が定めたもので、一戸建住宅、共同住宅それぞれについて、国内の 地域区分ごとの熱損失係数の基準が設けられています。


新製品の概要
製品化の背景とねらい
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright