東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
米国における企業向けデスクトップパソコン市場への参入について

1997年3月11日

 当社の米国におけるパソコンの生産・販売拠点である東芝アメリカ情報システム社 (社長:八並 俊毅 米国カリフォルニア州)は、米国における企業向けデスクトップ パソコン市場に新たに参入するため、デスクトップパソコン「Equium」シリーズ 4モデルを商品化し、3月10日より米国にて発売を開始しました。

今回発売する「Equium」シリーズは、CPUに「MMX(R) テクノロジPentium(R)プロセッサ」などの採用をはじめ、 USB(ユニバーサル・シリアルバス)専用のコネクタを装備するなど、 最新の技術を搭載しています。
 また、クライアントパソコンの電源機能をサーバ側からコントロールできる 「Wake on LAN」機能や、ハードディスクやメモリの容量をはじめ、 LANに接続されたデスクトップパソコンの情報をサーバ側で一括管理できる 「Desktop Management Interface(DMI)Ver.2.0」をサポートするなど、 最新のネットワーク管理機能に対応しており、 企業のシステム管理効率の向上を実現します。

 全世界のパソコンの市場規模は急拡大を続けており、 なかでも全世界の40%強を占める米国市場は、 97年度には3,000万台強の規模が見込まれています。 このような中、米国市場の全パソコンに占めるデスクトップパソコンの 比率は約8割を占めており、そのうち、全デスクトップパソコンに占める 企業向けデスクトップパソコンの割合は約60〜70%に達していると考えられています。 なお、これらの比率は、2,000年までは同等の割合が続くと予想されています。

 当社は、1985年に世界で初めてラップトップ形パソコンを開発して以来、 ポータブルパソコンを世界戦略商品と位置づけ、欧州、 米国をはじめ全世界で積極的な事業展開を図ることにより、 ポータブルパソコン分野で世界シェア第1位を維持してきました。 さらに、昨年9月には、世界的なパソコン事業をより拡大する第1ステップとして、 米国においてホームパソコン「Infinia」を発売し、 米国における家庭用パソコン市場に参入しました。

 今回、ポータブルパソコン、 家庭向けデスクトップパソコンを中心に推進してきた米国のパソコン事業を一層強化・ 拡充するため、米国の企業向けデスクトップパソコン市場に新たに参入するものです。



  • PentiumおよびMMXはIntelCorporationの登録商標または商標です。
  • 本文に掲載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright