東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ホットプレート新製品の発売について

1997年3月13日

調理時の温度ムラ、温度低下を抑える「ディンプル鍛造プレート」を採用

 当社は、「鍛造製法」を用い高いアルミ純度で緻密に成形した 「ディンプル鍛造プレート」の採用等により、 プレート表面の温度ムラや調理時の温度低下を抑え、 たくさんの材料をのせても高温を維持しながらおいしく料理できるホットプレート 「HGT−5TX」を4月1日から発売します。

 新製品では、内部に気泡を作らないよう圧力をかけながら緻密にプレートを成形する 「鍛造製法」を用いることで、アルミ純度90%で熱伝導性の高いプレートを実現しています。 また、直径約29cmの大型フラットヒーターを搭載することで、 プレートへの熱伝導性と熱容量を向上しました。

 プレート表面には放射状に蛇行した溝を設けているため(ディンプル加工)、 肉から出る余分な油分を周囲に流し、おいしくヘルシーな焼物料理が楽しめます。


新製品の概要
商品化の背景とねらい
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright