東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高速ネットワーク分野に関する提携について

1997年4月10日

株式会社 日立製作所
株式会社 東芝


 株式会社日立製作所(取締役社長:金井務)と株式会社東芝(取締役社長: 西室泰三)は、 今後急速な発展が見込まれるインターネット/イントラネットを主要市場とする高速ネットワーク分野に関して、 両社のネットワーク製品の相互供給を開始するとともに、 今後、同分野における世界のリーディングカンパニーを目指し、協力していくことに合意しました。

 両社は、今回の提携により、高速ネットワーク分野において、 両社の得意分野の製品・技術を相互に供給しあうことにより、 全世界市場に対して次世代の高速ネットワーク製品を提供していくものです。

 両社はその第一ステップとして、 お互いに同分野の製品ラインナップを強化するために相互に製品供給を行います。 日立製作所は、同社のATMスイッチ「AN1000シリーズ」およびLANスイッチ「HS150」において、 東芝の「セルスイッチルータ」技術をサポートし東芝へ供給します。 一方、東芝は本年6月に市場に投入予定のセルスイッチルータ用コントローラ 「CSR530」を日立製作所に供給します。

 さらに、両社は今後、日立製作所の高速ネットワークに対応したATMおよびLANスイッチ技術や IPv6などの次世代インターネット技術と、東芝が開発した高速ネットワーク技術である 「セルスイッチルータ」技術などで互いに協力することで、 より高速なインターネット/イントラネットを構築する高速ネットワーク分野での製品、 技術を強化・拡充していく計画です。

 日立製作所は、企業情報ネットワークコンセプト「SeamlessPLANET」のもと、 業界最大の20Gbpsスイッチング容量を実現し、 業界に先駆けてATMフォーラムの最新標準をサポートした企業向け高信頼ATMスイッチ 「AN1000シリーズ」をはじめ、100メガイーサネット対応の高速LANスイッチ「HS150」などを開発し、 国内はもとより、米国をはじめとする海外にも販売しています。今回の提携により、 これらの製品と東芝の「セルスイッチルータ」技術を融合させて、 膨大なトラフィックに対応できる大規模なインターネット/イントラネットバックボーンを実現する製品ラインナップを強化します。

 東芝は本年6月に、「セルスイッチルータ」技術を用いた第一弾の商品として、 通信事業者、インターネットプロバイダ、 企業・大学などのネットワーク向けに2.5GbpsATMスイッチを内蔵したコアルータ 「CSR5300」などの投入を予定しています。また、「セルスイッチルータ」技術は、 インターネット技術の先進的研究機関である「WIDEプロジェクト」に採用されており、 今後、様々なネットワークで運用実験が行われる予定です。今回の提携により、 同技術を用いた製品の幅広いラインナップを実現するとともに、 「セルスイッチルータ」技術を世界標準の技術とするべく、事業を展開していきます。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright