東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
3次元空間(3D)サウンドを搭載したDVDプレーヤーの新製品発売について

1997年5月7日

マルチチャンネルサラウンド並の臨場感を2個のスピーカーだけで手軽に鑑賞

 当社は、マルチチャンネルサラウンド並の臨場感をテレビなどの 2個のスピーカーだけで手軽に味わえる3次元空間(3D)サウンドを DVDプレーヤーとして初めて採用するとともに、好みのシーンを拡大して楽しめる 4倍ズーム機能などを搭載した、高性能かつ多機能の「DVDプレーヤーSD−K310」を商品化し、 6月1日から発売します。

 新製品は、当社の半導体技術、光ディスク技術、MPEG2画像圧縮などの デジタル情報処理技術や、新開発のビデオエンコーダーICの搭載により、 DVDビデオソフトの高画質な映像、高音質な音声が手軽に楽しめるほか、 新たに4倍ズーム、カラオケ、ジョグ/シャトルなど使いやすさを追求した機能を搭載しています。

 また、信頼性の高いデュアル・レンズ・ピックアップを搭載しており、 DVDのほか、音楽用CDやビデオCD(Ver2.0)の再生も可能です。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
「DVD−Video規格」の主な機能
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • ドルビーおよびAC−3は、ドルビーラボラトリーズライセンスコーポレーションの商標です。
  • スペシャライザーはスペシャライザー・オーディオ・ラボラトリーズ(NASDAQ:SPAZ)からの 実施権に基づき製造されています。SPATIALIZER(R)およびシンボルマークは スペシャライザー・オーディオ・ラボラトリーズの登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright