東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
「グローバルネットワークサーバ GSシリーズ」にCPUを2個搭載可能なエントリーモデルを投入

1997年5月29日

頑健性・運用性・拡張性を一層強化して、全ラインナップを一新

 当社は、「グローバルネットワークサーバGSシリーズ」のエントリーモデルとして、 CPUを2個搭載することができるなど、拡張性に優れた「GS200D」3モデルおよび、 システム構築を低価格で容易に実現できるインターネット/イントラネットソリューションサーバとして、 「GS250/GS200イントラネットサーバモデル」4モデルを商品化し、本日から営業活動を開始します。
さらに、既に商品化しているGSシリーズ(GS700/GS400/GS250/GS200各シリーズ) に対する信頼性、運用面の各種機能強化も同時に行います。

 新製品「GS200D」は、「Pentium(R)Proプロセッサ200MHz」を2個搭載可能なGSシリーズのエントリーモデルで、 「冗長電源(*A)」、「自動シャットダウン機構(*B)」、「サーバ監視機構(AMS)(*C)」などの機能を採用するなど、 エントリーモデルながら拡張性、頑健性に優れています。

 またソリューションサーバ「イントラネットサーバモデル」は「GS250/GS200」に、 インターネット/イントラネット構築に必要なソフトウェア、サービスを付加したモデルで、 Netscape社製サーバソフトウェア「EnterpriseServer」、 当社製ホームページ作成・管理ツール「WebAssistant Publisher」、「WebAssistant Indexer」(*D)などを搭載するとともに、 インターネット/イントラネットサーバの構築のための各種サービスも付加しています。 さらに、「イントラネットサーバモデル」はインターネット/イントラネット構築に必要なハードウェア、 ソフトウェア、サービスを個別に購入するときのトータル価格に比べ、 最大で約20%のコストダウンを図っており、 インターネット/イントラネットシステム構築のニーズに対して迅速かつ安価に対応することが可能です。

 さらに、GSシリーズ全体に対する機能強化として、 (1)サーバの稼働状況を監視するためのソフトウェア「HarnessEye」を標準で搭載するとともに、 オプションで(2)システムが稼働中でもI/O機器の入れ替えを可能とする「I/Oホットスワップ機能」、 (3)信頼性、運用性を高める「RAID(10,50)(*E)」のサポート及びファイルシステム稼働中に RAID構成変更を可能とする「オンライン拡張機能」、 (4)クライアントからLANを介して複数サーバの一括管理できるとともに、 サーバ電源のON/OFFも可能とする「サーバ監視機構(AMS)」、 等の各種機能を全モデルに搭載することができるなど頑健性、運用性の強化を図っています。 また、一部のモデルについて、価格改定(値下げ)を行っています。


(*A) 冗長電源;
電源の二重化構成が可能。さらにGS700,GS400,GS250ではシステム運用中の電源装置の交換も可能。

(*B) 自動シャットダウン機能;
キースイッチオフによって、特別なシャットダウン操作なしに自動的にシャットダウン処理を行い電源をオフできる機能。

(*C) サーバ監視機能;
本体と独立して動作するAMSボードにより、 常にローカルまたはリモートからLAN接続されているサーバのハードの管理・監視が可能。

(*D) WebAssistant/Publisher; 当社製高機能ホームページ作成支援ツール
WebAssistant/Indexer; 当社製高性能Web検索支援ツール

(*E) RAID;Redundant Array of Inexpensive Disks
ディスクの性能と信頼性を高める方式。
  レベル0 : 複数で構成したディスクにデータを分割して保存する方式。
レベル1 : ディスクを二重化して同じデータを常に2個所で保存する方式。
レベル5 : パリティ情報を各ディスク上に分散させて、 ディスクが故障した際にパリティ情報を基にデータを再構築する方式。 パリティ専用のディスクを設けずに効率的にディスクを使用できる。
レベル10: 複数のRAID1の組み合わせに対しRAID0と同様に分散してデータを読み書きする方式
レベル50: 複数のRAID5の組み合わせに対しRAID0と同様に分散してデータの読み書きする方式
オンライン拡張: 一度作成したRAIDグループのディスク容量を、 RAIDの再設定のためにシステムを停止することなく増加可能



新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
お問い合わせ先


  • Pentiumは米国インテル社の商標または登録商標です。
  • Microsoft、Windows、WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。
  • Lotus は米国ロータス社の米国における商標または登録商標です。
  • Netscape EnterpriseServer、MailServerはNetscape Communications Corporationの商標です。
  • NetWareは米国ノベル社の登録商標です。
  • その他掲載の商品の名称は、それぞれ各社が商標としている場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright