東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
チャータード・セミコンダクタ社とのシステムLSIに関する提携について

1997年6月3日

 当社は、チャータード・セミコンダクタ社(本社所在地:シンガポール 社長:タン・ボック・セング(Tan Bock Seng))に対し、 0.25ミクロンおよび0.35ミクロンプロセスのDRAM混載ロジックの製品技術および製造の技術を供与するとともに、同社から製品の供給を受けることについて合意しました。

 チャータード・セミコンダクタ社は、当社からの技術供与を受け、 本年中に稼働予定の新しいクリーンルームにおいて0.25ミクロンおよび0.35ミクロンプロセスのDRAM混載ロジックを生産し、 98年中に出荷を開始する計画です。

 現在、情報・通信・映像が高度に融合したマルチメディアの進展にともない、 大容量のメモリが必要となっておりますが、 大量のメモリを効率的に出力させるため1チップ上にDRAMとロジックを混載したシステムLSIへのニーズが高まっています。
 これに対応し、当社は長期的な視点に立って生産基盤の構築に取り組んでおり、 国内においては大分工場に0.25ミクロンプロセスのシステムLSI量産ラインの導入を進めており、 97年度下期中での稼働を目指しています。

 チャータード・セミコンダクタ社は、シンガポール政府の半導体産業の育成・支援の政策の下、 87年に国営企業のシンガポール・テクノロジー社の子会社として設立され、 ASIC(特定用途向けIC)などを中心に半導体の受託生産を行っています。
 当社は、94年11月に同社に対し、CMOSロジックのプロセス技術を供与しています。 今回さらに、0.25ミクロンおよび0.35ミクロンプロセスのシステムLSIの製品技術および製造の技術を供与することによって、 拡大する需要に向けて、国内の拠点にくわえ海外において製品供給力を確保し、 国内外を通したグローバルな製品供給体制を確立することになります。


チャータード・セミコンダクタ社概要
英文社名 Chartered Semiconductor Manufacturing Pte.Ltd.
所在地 シンガポール
社長名 タン・ボック・セング(Tan Bock Seng)
設立 1987年11月16日
資本金 1億7800万シンガポール・ドル(約145億円)
(主要株主:STV(Singapore Technology Ventures)
ロックウェル社、ブルックツリー社、アクテル社)
従業員数 約1,000人
売上高 5400万シンガポール・ドル(約44億円)(1996年)


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright