東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
石油冷媒加熱式パッケージエアコンの新製品発売について

1997年6月10日

寒冷地区の大型店舗をターゲットに、業界初のツインシステムを投入

 当社は、寒冷地区の店舗・オフィス向けの石油冷媒加熱式パッケージエアコンの新製品として、 業界で初めて1台の室外ユニットで2台の室内ユニットを運転できるツインシステムを採用した10馬力の 「冷媒加熱式石油カスタムヒーター」(*1)を商品化し、 大型店舗をターゲットに本日から営業活動を開始します。 出荷は97年11月からの予定です。

 新製品は、従来の約2倍の能力を発揮する新開発の「大容量圧力噴霧式ターゲットバーナー」を室外ユニットに搭載し、 業界最大の10馬力相当(*2)の暖房能力を実現することで、 1台の室外ユニットで2台の室内ユニットを運転できるツインシステムの採用を業界で初めて可能にしました。 5馬力相当のシングル(*3)を2台設置する場合に比べ、室外ユニットの設置スペースを半減でき、 機器の価格が約1割安くなるなど、複数台の空調機を必要とする寒冷地区の大型店舗には最適なシステムです。

 また、オプションの集中管理リモコンを使用することで、 16システム(*4)までの運転をシステム毎に1カ所から集中制御できます。

    *1:「冷媒加熱式石油カスタムヒーター」は当社の愛称です。
    *2:約300m2に相当(大型店舗に設置する場合)
    *3:1台の室外ユニットと1台の室内ユニットで構成されています。
    *4:1システムは、1台の室外ユニットと2台の室内ユニットで構成されています。


新製品の概要
製品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright