東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界一の高火力を実現した家庭用ビルトインタイプIHクッキングヒーターの発売について

1997年6月18日

 当社は、家庭用として初めて3kWの高火力を実現したビルトインタイプのIH(電磁誘導加熱)クッキングヒーター「BHP−M46F」など2機種を商品化し、 9月16日から順次発売します。
 火力3kWのIHヒーター(「BHP−M46F」左ヒーター)では、ガスこんろと比較した場合、 湯沸かし時間約半分(*1)の高火力を実現しています。

 新製品は、左右2口のIHヒーター(BHP−M46F:左3kW・右2kW、 BHP−M36F:左右とも2kW)で、右ヒーターには油温度を鍋底検知するセンサーを装備しています。 更に、中央奥にアルミ等非鉄系の鍋用の1.2kWのラジエントヒーター(*2)(BHP−M46Fのみ)、 本体正面にサンマ4匹を同時に焼ける275mm幅取出口のワイドロースター(1.2kWシーズヒーター)を備えており、 様々な調理が可能です。
 また、プッシュオンダイアル式スイッチを採用しており、ダイヤル操作により火力調整が容易で、 プレート上面の火力表示により一目で火力確認ができます。

* 1 比較条件 4,100kcalのガスこんろとの比較。直径20cmのホーロー鉄鍋で20℃の水1.5リットルを90℃まで加熱した場合。
* 2 電熱線の発熱により加熱するヒーター


新製品の概要
商品化の背景とねらい
新商品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright