東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ホットプレートの新製品の発売について

1997年7月9日

熱を封じ込めて強い火力が得られる「熱封じリング」をプレートに採用

 当社は、アルミ製のプレート裏面にステンレス製の「熱封じリング」を埋込み、 調理に使用しないプレート外周部への熱の拡散を抑えることでプレート調理部に熱を封じ込め、 高温範囲を従来に比べ約50%拡大(*1)したホットプレート「HGT−9WX」を8月1日から発売します。

 新製品は、熱伝導のよいアルミ製のディンプルプレート裏面に熱を伝えにくいステンレス製の 「熱封じリング」を埋め込み、プレート外周部への熱の拡散を抑える厚さ約6mmの「熱封じディンプルプレート」に加え、 ヒーター面積を約26%増加(*1)させた熱容量の大きい「大型フラットヒーター」を採用しています。 これにより、プレート調理部の高温範囲を拡大し温度ムラを減少させることができ、 おいしく調理することができます。

 「熱封じディンプルプレート」の他、焼肉の余分な油を流す深い溝(3.4mm)を火力の強い中央部に、 野菜を上手に焼ける浅い溝(0.5mm)を外側に設け、肉と野菜を同時においしく焼ける当社独自の「焼肉・野菜プレート」も備えており、 調理メニューにより2枚のプレートを使い分けることができます。
 なお、プレートにスタンダードタイプの「ディンプルプレート」と「焼肉・野菜プレート」の2枚を採用した 「HGT−7WX」と「ディンプルプレート」1枚のみの「HGT−3VX」についても9月1日から発売します。

    *1:当社従来機種「HGT−36W」との比較。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright