東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
EMV仕様ICカードと「SET1.0」を組み合わせた世界初のバーチャル・モール実験を開始

1997年7月25日

1枚のICカードに多様な支払い機能を世界で初めて搭載

株式会社 東芝
ビザ・インターナショナル

スマート・コマース・ジャパン(SCJ)(幹事会社:東芝、ビザ・インターナショナル)は、EMV仕様ICカードを利用し、 インターネット上での安全な取引を可能にするプロトコル「SET 1.0」に対応した、 バーチャル・モール実験を10月より順次開始します。この実験では、 本年5月31日にリリースされた「SET 1.0」を、ICカードでも利用できるようにしたCCEC(チップ・カード・エレクトロニック・コマース)を世界に先駆けて採用します。 また、日本独自の支払システムにも対応しており、消費者はニーズに合わせて様々な決済手段を使い分けることができるようになります。
本実験は、通産省の電子商取引推進事業の一環として実施されるもので、 一般から募集するモニターと関連会社の従業員を対象に、 阪急電鉄が運営するインターネット上のショッピング・モール「Click & Shop」で展開されます。
なお本実験の開始を前に、7月より約200名をモニターとしてSETのプレ実験を行っています。

また、12月には、SCJ参加企業の従業員を対象に、電子マネー「ビザ・キャッシュ」をインターネット上で使用する実験を開始します。 この実験では、小口決済に対応したモールを用意し、一枚のカードにクレジット機能と電子マネー機能を搭載し、 かつリアル/バーチャル双方において使用できる多機能型 ICカードを世界で初めて採用します。また、「ビザ・キャッシュ」のオンライン実験としても、 今夏開始予定のバンク・オブ・アメリカでの実験に続いて、世界で2番目となります。

  1. バーチャル・モール実験の概要

    インターネット上のショッピング・モールには、 阪急百貨店をはじめとする阪急東宝グループの各企業を中心に多数の加盟店が参加し、 阪急東宝クレジットサービスが、ショッピング・モール用のクレジット・カード(SCJペルソナVISAカード)5,000枚を発行します。 うち1,000名のモニターには、パソコンと接続して、ICカードを使ったインターネット・ショッピングを家庭から可能にする「ICカード・リーダライタ」を配布します。 さらに、大阪・神戸市内に街頭端末(インターネットキオスク)を30台設置。SCJのモニター会員は、 家庭からも街角からも、気軽にインターネットショッピングを楽しめるようになります。

    電子決済、ペイメント・ゲートウェイ及びICカードの仕様はビザ・インターナショナルが提供し、 実験システムの構築は東芝が担当、ショッピング・モール「Click & Shop」は阪急電鉄が運営します。 東芝は、オンライン上でのモール・システムをネットスケープ・コミュニケーションズ、 SETおよびICカード対応の決済用システムをサイバーキャッシュと、それぞれ共同開発しています。

    ショッピング・モール「Click&Shop」の概要

    ショッピング・モールを運営する阪急電鉄は、95年8月より「O―Kini City」を立ち上げている。 今回のショッピング・モールは、この「O-Kini City」テナント、阪急東宝グループ中心に、数多くの物販・サービス予約メニューを用意し、 インターネット・ユーザの利便性を図るためテナント中心の見せ方ではなく、 商品ジャンルや購入者の生活シーンにあわせた商品分類を提供。
    主要なインターネット・ショッピングの目的であるギフトに対して、 目的(お歳暮、バースデープレゼントなど)、ギフト先相手の性別、 年齢などに適した商品を紹介する「ギフトファインダー機能」を設置。 又「記念日登録サービス」も用意し、モニターへの販売促進も図る。

  2. 「ビザ・キャッシュ」をインターネット上で使用する実験の概要
    12月から開始されるインターネット上での電子マネー「ビザ・キャッシュ」実験では、 SCJ関連企業の従業員に、クレジットカード機能とビザ・キャッシュ機能を搭載したICカードを配布します。 ここでは特に、インターネット上における情報の有料サービスの決済に、 「ビザ・キャッシュ」を使用した評価実験を行います。 具体的には、検索ごとに料金を「ビザ・キャッシュ」で支払う個別課金と、 一定時間のサービスに対する時間定額課金の方式を採用した「コンテンツ・デリバリー・システム」を開発し、 電子出版/電子新聞分野への適用を検証します。多様な支払い手段を一枚のICカードに搭載したことで、 モニターはリアル/バーチャルの双方で、様々な支払い手段を使い分けることが可能になります。

  3. 「スマート・コマース・ジャパン バーチャル・モール実験の特徴
    本実験の特徴は下記の通りです。

    1. ネットワーク上のクレジット決済プロトコル「SET 1.0」を、初めて適用、日本市場にも対応したインターネット上での安全な取引を実現。
    2. 「SET 1.0」をEMV仕様ICカード対応に拡張した「CCEC」(チップ・カード・エレクトロニック・コマース)により、ポータビリティを実現。 SETを利用した決済のためのカード情報をICカードに搭載することで、例えば家庭や職場のパソコン、また街頭端末など場所を選ばず安全に決済できるようになります。
    3. ICカードはリアル・モールでの使用も可能。
    4. 電子マネー「ビザ・キャッシュ」をインターネット上で使用、関連企業従業員を対象に、 従来不可能だったデジタル・コンテンツなどに対する小口決済の実用性を検証。
    5. クレジットカード機能とビザ・キャッシュ機能を統合したEMV仕様ICカードを、 世界で初めてバーチャル・モールで採用し、関連従業員へ配布。

  4. スマート・コマース・ジャパンについて
    スマート・コマース・ジャパン(SCJ)は、日本市場における新しい時代に即した電子商取引技術の育成を目的に、 1996年2月に設立されたコンソーシアムです。現在、東芝、ビザ・インターナショナルを主幹事会社に、カード会社を中心に32社が参加しており、 通産省の電子商取引推進事業の一環として、IC型クレジットカードを利用したリアル/バーチャル双方での実証実験を展開しています。 尚、SCJのリアル・モール実験は、本年10月から神戸市内で実施されます。

    なお、SCJの実験に関しては、ホームページ(http://www.scj.or.jp)をご覧ください。


スマート・コマース・ジャパンの詳細


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright