東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
新製品の主な特長

パン生地もちっ子 PFC−20AM
  1. パン生地が手軽に作れるように生地の練り上げから一次発酵までを「マイコンパン生地機能」により自動で行います。 パン生地の練り上げや発酵は、室温と生地温度をセンサーで測り、 室温に応じて練り時間を、室温と生地温度に応じて発酵時間などをマイコンで自動コントロールすることで、失敗なくパン生地を作れます。 また、高輝度、広角LEDによる「発酵中」ランプを新たに搭載し、一次発酵中であることを容易に確認できるようにしています。

  2. 「もち」をつくる際最も時間のかかる「もち米のひたし」については、 マイコン制御でうすの中の水を最適な温度(45℃)に調整することにより、 わずか40分でもち米に水分を浸透させる当社独自の「マイコン一気ひたし機能」を採用しており、 「ひたし」「蒸し」「つきあげ」を合わせた所要時間は、わずか1時間40分です。

  3. もち米を蒸すときはマイコンでボイラーへの通電を制御することで、 うす内の温度ムラを抑え、もち米を最適に蒸しあげることができます。

もちっ子 AFC−10A
  1. 本体のデザインを一新したプラスチックボディーとし、 従来比で約20%コンパクト化することで、持ち運びや収納のしやすさを向上しています。

  2. 「もち」をつくる際最も時間のかかる「もち米のひたし」が当社独自の「一気ひたし機能」によりわずか60分で可能なので、 「ひたし」「蒸し」「つきあげ」を合わせた所要時間は、わずか2時間です。

  3. 「もち」の他、赤飯、おはぎ、うどん生地などのメニューも楽しめます。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright