東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ルームエアコン新製品の発売について

1997年8月4日

すばやく足元から暖める業界初のローウォールタイプ蓄熱エアコン「ゆっかポッカ」

 当社は、蓄熱システムおよびハイブリッドインバーターの採用により、暖房立ち上がりパワーと除霜運転時の暖房感を大幅に改善するとともに、 通常暖房運転時は業界最高の暖房能力4.8kW(*1)を実現し、壁面の低位置に据え付けるローウォールタイプの室内機と合わせ、 すばやく足元から快適に暖房できる蓄熱エアコン「RAS−F325DX、RAS−F285DX」(愛称:「ゆっかポッカ」)の2機種を9月1日より発売します。

 新製品は、蓄熱システムを採用しており、運転スタート時は蓄熱槽に蓄えた熱を利用し最大約8.0kW(*2)の暖房能力を発揮することで、 立ち上がり時間を当社従来機種の約半分の14分(*3)に短縮しました。 除霜運転時にも蓄熱槽の熱を利用し、約1kWの暖房能力を発揮することで、 除霜中でもほとんど室温低下のない連続暖房を実現しました。

 また、当社独自開発のハイブリッドインバーターの採用により、 外気温2℃の時に業界最高の暖房能力4.8kWを発揮し、 外気温が−5℃に低下した場合でも4.3kWの能力で十分な暖かさを得ることができ、 10畳タイプの石油ファンヒーター以上の暖房能力を実現しています。

 さらに、業界初のローウォールタイプ(壁面の低位置に据付ける)の室内機を採用することで、 従来のハイウォールタイプ(壁面の高位置に据付ける)の室内機と比較し、 すばやく足元を暖めることが可能になりました。

*1:8月4日時点での当社調べ。条件は外気温2℃
*2:外気温2℃の時の運転開始から約13分間の平均能力(外気吸熱で4.8kW、蓄熱で3.2kW)
*3:RAS−281GDとの比較。当社部屋型試験室木造10畳、新省エネ基準住宅(K値:50W/K相当)で実験。
外気温−5℃、室内足元温度(床上5cmの温度)を7℃から20℃まで上げる時間。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright