東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
全自動洗濯機と衣類乾燥機の新製品発売について

1997年8月11日

「からみまセンサー」の搭載で布からみを大幅に低減した全自動洗濯機と衣類乾燥機

 当社は、布のからみ具合などを効果的に検知する「からみまセンサー」を搭載することで布からみを大幅に低減した全自動洗濯機「AW−B70XP」 (愛称:快速銀河・「からみまセンサー」)など4機種と衣類乾燥機「ED−B50H」など2機種を9月1日から順次発売します。

 全自動洗濯機の新製品は、洗濯開始時に洗濯物の量と布質を検知し、 洗濯物がからまずに汚れがよく落ちる最適なパルセーター(水流を起こすための羽根)の反転周期で運転するとともに、洗い・すすぎの終了直前に洗濯物のからみ具合を検知し、 布ほぐし運転を行う「からみまセンサー」制御と新たに形状を見直した「新スクリューパル」の採用により、布からみをより少なくしています。 これにより洗濯物の取り出しが楽になるほか、布からみによる布傷みも抑えます。

 衣類乾燥機の新製品「ED−B50H」は、 乾燥中にドラムの回転具合などを検知して衣類のからみをチェックし、 からみがある場合は自動的にドラムを反転させてほぐす「からみまセンサー」制御を採用し、 からみを大幅に抑えました。その結果、ダブルのシーツ4枚でもからみを抑えて乾燥できるとともに、 従来布からみを防ぐために厚く設計していたドラムの奥行きを薄くでき、4.5kg以上の容量では業界で最も薄い奥行(468mm)を実現しています。


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright