東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界初のノートパソコン用薄型DVD−ROMドライブおよびDVD−RAM規格Ver.1.0準拠DVD−RAMドライブの出荷について

1997年8月21日

 当社は、厚さ17mmの薄型で最大2倍速のDVD−ROM(読み出し専用のDVD) ドライブ「SD−C2002」を業界で初めて商品化し、9月より量産出荷を開始します。

 また、8月18日にDVDフォーラムから正式に発表されたDVD−RAM規格バージョン1.0に対応したDVD−RAM(書き換え可能なDVD)ドライブ「SD−W1001」「SD−W1002」の2モデルもあわせて商品化し、 9月よりサンプル出荷を開始します。

 「SD−C2002」は、今回新たに薄型光ピックアップヘッドや薄型ディスクモータなどを採用することで17mm厚の薄型で低消費電力を実現し、 ノートパソコンへの搭載を可能にしました。

 「SD−W1001」「SD−W1002」は、DVD−RAMディスクの片面に2.6ギガバイト(両面5.2ギガバイト)の大容量を繰り返し記録することができるとともに、 DVD−ROM、DVD−Video、DVD−RのみならずCD−Audio、CD−ROM、CD−R、CD−RWなどのディスクを再生することができます。

 なお、当社は次世代のDVDドライブの開発も進めており、DVD−ROMドライブについては厚さ12.7mmの超薄型を98年度に、 DVD−RAMドライブについては厚さ17mmの薄型を98年度に、片面4.7ギガバイト対応モデルを99年度中に商品化を計画するなど、 DVD事業の積極的な展開を図ります。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright