東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
バリアブルアングル型デジタルガンマカメラ(核医学診断装置)の発売について

1997年8月26日

データ収集時間の短縮による効率的検査と全ての核医学検査に対応できる汎用型

株式会社  東芝
東芝メディカル株式会社

 株式会社東芝は、デジタルガンマカメラ(*)の新製品として、 バリアブルアングル型ガンマカメラ「E.CAM」と医用画像処理装置「GMS−5500A」を組み合わせた新機種を本日から販売します。
 新製品のガントリー(架台)と寝台部分にあたる「E.CAM」は、2個の検出器の配置角度を90/180に変えることができるため、 心臓の検査を短時間におこなえて効率的な検査が可能です。 また、検出器の自由度が高いため、脳、肺、全身など広範囲な検査にも対応でき、 1台で全ての核医学検査をおこなうことができます。さらに、画像処理装置には、 散乱線補正を利用した画像処理能力で高い評価を受けている「GMS−5500A」を組み合わせることで、 高速処理・高機能画像処理が可能です。
 現在、当社は3検出器タイプ、2検出器タイプ、1検出器タイプの全3機種を揃えており、 今回のバリアブルアングル型2検出器を加えることでラインアップの充実を図ります。
 新製品の販売は、東芝メディカル株式会社が担当します。
 新機種の本体価格は1億6千万円で今年度15台の販売を予定しています。

(*)デジタルガンマカメラ(核医学診断装置):微量の放射性医薬品を体内に投与し、特定の臓器や組織に集まった放射性医薬品から放出される放射線を測定し画像化する装置で、機能測定、血流測定を行なう。


商品化の背景
新機種の主な特長
主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright